• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

二次創作は物語の面白さを増すのか、『エヴァ』と『FGO』で考える。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

二次創作は物語の面白さを増すのか、『エヴァ』と『FGO』で考える。

2018-08-03 12:37
    ◆二次創作並行世界は物語に何をもたらすか?

     並行世界について考えている。

     つまり、並行世界という概念は物語に破滅的退屈さを呼び込むのか、それともより豊饒な実りをもたらすのか?

     前回はこの概念をわりとネガティヴに捉えていたので、今回はポジティヴに捉えなおしてみよう。並行世界の存在によって、物語はさらに面白さを増すと考えるのだ。

     そもそもここでいう並行世界とは何かというと、端的にいうならつまり、二次創作のことである。

     たとえば、『新世紀エヴァンゲリオン』で考えてみよう。

     『エヴァ』本編では人類補完計画が発動し、人類は滅亡し、碇シンジは補完されてしまったわけだが、その一方で本編とは異なる展開を描く無数の並行世界が存在する。

     一例を挙げるなら、漫画版の『エヴァ』がそうだ。

     貞本義行による漫画版の『エヴァ』は、アニメ本編とは似て非なる展開を遂げる。

     これはまさに、アニメ版『エヴァ』
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。