• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ファンタジーの大傑作『孤児の物語』は複雑巧緻な迷宮小説だ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ファンタジーの大傑作『孤児の物語』は複雑巧緻な迷宮小説だ。

2021-02-23 17:47
    q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=448q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=448

     ども。「なろう小説」やライトノベルにちょっと食傷して、何となく本格的なファンタジー小説を読みたいなあと思い、いろいろと調べてまわった結果、いま、キャサリン・M・ヴァレンテの『孤児の物語』という本を読んでいます。

     これが、凄まじい。一冊6000円もするというとんでもない本なのですが、その価格に見合った内容の深さ、また分厚さ。全二巻に及ぶ大作で、ぼくがいままで読んで来たすべてのファンタジーのなかでも、まず五本の指に入る作品だと思います。

     現代のファンタジー小説がよくも悪くもゲームの影響を受けて現実離れしていくなかで、ひさびさに見つけた超本格派ですね。これは凄いよ。まあ、いまどきの小説としてはあまりにも本格的すぎてウケないかもしれないけれど、でもこれはほんとうに大傑作だと思う。

     二月にして今年のベスト・オブ・ベスト決定!というより、ここ数年間で読んだ本のなかでも傑出した一作といえるかもし
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。