• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

一期は夢よただ狂へ。情報の洪水のなかで主体性を取り戻すということ。(2099文字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一期は夢よただ狂へ。情報の洪水のなかで主体性を取り戻すということ。(2099文字)

2013-09-25 23:52
    英雄伝説 閃の軌跡 (限定ドラマCD同梱版) 初回生産限定特典 オールカラービジュアルブック(仮称)/「戦術オーブメントARCUSオリジナルカバー+士官学院入学祝いアイテムセット」ダウンロードコード 付

     ここ数日、近所の体育館のトレーニングルームに通っています。ジムに行くつもりもあったのですが、そちらは高いので、設備的にはほとんど変わらない体育館へ向かうことにしたわけです。

     ランニングマシンに乗ってひたすら走っています。といっても、そこは運動不足の身、ゆっくりとほんの数キロ走るだけなのですが、それでも疲れること、疲れること。

     全身運動の水泳などしてみると、ほとんどからだが動かなくなるような疲労を感じます。プールはもうちょっと体力がついてからじゃないと無理だな……。

     こういうものは持続が大切、ようやく三日坊主を抜けたくらいなので、スローペースでがんばろうと思います。とりあえずあしたはお休み、せいぜいからだを休めるとしましょう。

     ところできょうは田中芳樹『タイタニア』の発売日でした。もっとも、新潟ではまだ入手不可、読めるのは数日先になりそうです。

     ええ、いくらでも待ちますよ、22年間待ったんだから、あと何日か待つくらい何でもない。何しろこれ、ぼくが中高生の頃に読んでいたシリーズですあからね。

     はたしてあの独特の雰囲気が再現されているのか、どうか、楽しみ半分、不安半分ですが、とにかく続刊が出るということは素晴らしい。どんな内容であれ、出ないよりはずっといい。

     あしたにはファルコムの軌跡シリーズ最新作『閃の軌跡』も出るので、ちょっとどうしようかな、と思っています。

     どうせ『閃』だけで完結しているわけじゃなく、さらに続くんだろうからなあ。『空』の時点で伏線をしいていた帝国の話ということで、わくわくはするのですが、ちょっとね、手を出せないかも。

     シリーズ累計でプレイ時間数百時間(笑)という 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。