• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【有料記事】日本初の疫学小説『エピデミック』は読みごたえ十分の力作。(1465文字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【有料記事】日本初の疫学小説『エピデミック』は読みごたえ十分の力作。(1465文字)

2012-09-16 09:39
    エピデミック (角川文庫)

    「先生、もう状況は聞かれてますよね」
    「うん、さっき、島袋クンから連絡があった。ぼくがこの時点で思うのはね、SARSだったら逆によかったと思わなきゃならないんじゃないかな、ってことで……」
    「はい?」高柳の声がうわずって聞こえた。
     あれ、ぼくはなんか変なことを言ったかな、と棋理は自問する。しかし、きわめて論理的に正しいことを言ったまでだ。

     『エピデミック』。川端裕人の日本初の「疫学小説」である。文庫にして570ページに及ぶ超大作で、読みごたえ十分。内容も端正かつ迫力満点であり、一見地味なテーマでも読ませる。「疫学」という学問の存在自体を知らないひとにも十分にお奨めできる力作だ。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。