• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【無料記事】お金と幸せのどちらを選ぶべきか、という愚問。(1881文字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【無料記事】お金と幸せのどちらを選ぶべきか、という愚問。(1881文字)

2012-09-20 13:10
  • 12
池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」

 「マジシャンズセレクト」という言葉をご存知だろうか。マジシャンが使いこなす基本的なテクニックのひとつで、「あいてに選んだと思わせておいて選ばせている」というものである。ぼくはマジックには詳しくないが、熟練したマジシャンともなるとあいての意思を自在に操ることができるのだとか。

 ところで、最近、長年の景気低迷が続く日本社会では、「ほんとうの幸福はお金では手に入らない」「お金よりも人間的な生活のほうが大切」というようなことがいわれるようになった。

 いや、この手の価値観はいつの時代もあるわけだが、それでも高度経済成長の頃は一般的に生活が貧しかったから、お金の大切さがよくわかっていたであろう。「お金より幸福」というような言葉がひんぱんにいわれるのは、裏返せば日本がそれだけ豊かになった証拠である。

 ちなみに漫画家の西原理恵子は、著書『この世でいちばん大事なカネの話』のなかで「この種の言葉には何の根拠があるのか」と皮肉っぽく語っている。

 さて、ぼくにいわせれば、お金か、幸福か、という二択にも、ちょっとしたマジシャンズセレクトが仕掛けられている。そもそもお金か幸福かどちらかを選ばなければならないという時点でおかしいとは思わないだろうか。だって、お金もあって人間的にも幸福な人生がいちばんいいに決まっているじゃん! 

 こう書くと、「両方は手に入らないものなのだ」といわれるかもしれない。そうだろうか。そもそも「貧乏暇なし」というくらいで、お金がなければ必然的に忙しく立ち振る舞わざるをえないはずである。現実的に考えれば、たくさんお金があるひとほど余裕もたくさん持っているものなのではないか。

 もしそうだとすれば、「金」と「幸福」を秤にかけるような考え方はばかげている。持つものはすべてを持ち、持たないものは何も持たない、これが身も蓋もないリアルなのではないかと考える。

 もちろん、お金があればそれですぐさま幸せも手に入るとは限らない。お金はしょせんお金以上のものではない。だが、少なくとも「幸福でさえあればお金はいらない」というようないい方には欺瞞を感じざるをえないのだ。

 お金のない幸福はきわめて脆弱で不安定なものである。お金はしばしばこの世のあらゆる悪意と災難からひとを守ってくれる。お金を軽視することは安全と安定をも軽視することだ。

 たしかに『クリスマス・キャロル』のスクルージのように、ひたすらに金を貯めることにしか興味がない守銭奴としての人生はごめんだろう。しかし、スクルージが最後に難病の不幸な子供を助けることができたのは、かれが金持ちだったからだ。お金をたくさん持っていれば、それを人助けに使うことだってできるのだ。マネーはどんな聖者よりも慈愛に満ちている。

 ところが、日本では必ずしもお金を大切にすることの評判は良くないわけだ。この国ではわりに金勘定は悪徳に近いものと見られている。そして、「金より幸福」というコピーが並べ立てられ、「幸福の国ブータン」などがサンプルとして挙げられる。

 でも、それってどうなのだろう。なるほど、ブータンは良い国なのかもしれない。べつだん、ぼくもブータンに含むところはない(例の国民幸福率97パーセントという話にはいくらか胡散臭さを感じないでもないが)。

 しかし、日本もブータンのようになればいい、とは思わない。ブータンにはブータンなりの問題点がたくさんあるはずである。現実を無視して空想的に理想視することは、ブータンに対しても失礼だろう。「夢の幸福の国」なんてどこにもあるはずもない。それは結局、幻想のユートピアであるにすぎない。

 その是非はともかくとして、人類はすでに資本主義を選択してしまった。それはつまりキャピタリズムこそひとを幸福にするシステムであると膨大な犠牲を払いながらも選びだしたということである。したがって、ぼくたちはこれからも決して金勘定と無縁に生きていくことはできない。

 まあ、グローバリズムの進展に直面したりすると、マネーがひとを幸福にするということが信じられなくなるのは無理もないとは思う。が、たとえばインドやブラジルではお金の力で貧困層から脱出できるひとが増えているはずなのである。お金はいまもちゃんとひとを救っているのだ。

 たしかに金がすべてという拝金主義はばかばかしい。お金はひとつの手段であるに過ぎない。それは当然だ。とはいえ、「金」と「幸福」を比べて「幸福」を選ぶことを強要するような言説を見かけるたび、ぼくはどこかにひそむマジシャンのほくそ笑む顔が目に浮かぶような気がするのだ。
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
弱いなら弱いままで。
更新頻度: 月間数十本
最終更新日:
チャンネル月額: ¥330 (税込)

チャンネルに入会して購読

他2件のコメントを表示
×
「幸福とはお金じゃない」という言葉をやたら使いたがるのは、決まって給料を払う側か、たかる側なんですよね。
「自己責任」と同じで、弱者を悪者にするのに都合のいい言葉なんです。
89ヶ月前
×
>>2
貴様のばっちゃんはなにものだw
89ヶ月前
×
幸せって人によって全く違うものだから、議論しても答えが出ないんだよなー。
お金があることが幸せな人ならお金選ぶんじゃないかな?

お金と幸せは二つで一つみたいな考えはダメですか?
89ヶ月前
×
物々交換が基本だった古代と現在は違います
現在ではお金がないと幸せになるどころか、生きていくこともできません
今はそういう時代です
89ヶ月前
×
立場によって違うとしかいえないが
とりあえず幸せは買えないけど育む事はできる
89ヶ月前
×
幸せじゃ金は手に入らんが
金で幸せを手に入れることは出来るんやで
89ヶ月前
userPhoto
S.
×
>>2
なにこのロックンローラー。処女ツイートを顔も知らないばっちゃんに捧げてしまった
89ヶ月前
×
幸福度とかって、現在のポテンシャルから上へあがることじゃないの?
周りの環境にしてもそうだし、お金にしてもそうなんじゃない?
ということは、幸福を取れば、お金も勝手に入ってくるってことなんじゃない?
ひねくれた考えかな?
?ばっかりになってしまったな。
89ヶ月前
×
幸せって哲学的だね。
お金があれば(俺も含め)大概の人は幸せだと思う。
けど、お金では幸せになれない人というのが一握りいて。
もしかしたらその人たちがこの世で最も幸せな人なんじゃないかなー。
89ヶ月前
×
金の稼ぎ方、使い方を知らない奴ほど不幸。
89ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。