• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

自分という人間がよくわからない。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自分という人間がよくわからない。

2015-07-25 05:19
  • 3
 えー、月末近くで会員が減っていく時期なのですが、読者の需要を無視して自分語りをしたいと思います。

 書きたいことを書きたいように書いていないと続かないですからね。

 ぼくはよく自分という人間について考えます。自分とはどういう人間だろう、と。

 するとすぐに答えが出ます。「よくわからん」と(笑)。

 これは自分のことだからわからないという側面もあるでしょうが、客観的に見ても相当よくわからない人間なんじゃないかなーと思います。

 もしかしたらぼくのまわりにいる人たちはぼくよりもぼくのことを理解しているかもしれませんが、ぼく自身はぼくのことをよくわからないなーと思っています。

 ぼくの最も親しい他者である母なども「お前はよくわからない」といいます。

 そうだろうな、と思うのですよ。ぼく自身がさっぱりわからないのだから。

 もとより、人間なんてよくわからないものではあります。

 ひとのことを理解できたと感じたとき、それはほとんど錯覚です。

 でも、そのなかでもぼくは割合にわかりづらいほうに入っていると思うのです。

 あるいはだれしも自分についてはそう思うのかもしれませんが。

 ぼくが自分の性格を「よくわからん」というのは、人格に整合性が取れていないように思えるからです。

 ぼくという人間はどこか矛盾している気がしてなりません。どこかでねじ曲がっているような……。

 いや、これもすべての人がそういう側面を持っていることではあるでしょうが、ぼくはたぶんそのねじ曲がり具合がわりと大きいほうだと思う。

 なので、自分で分析しきれない。

 具体的にいうと、ぼくは我が強いのか弱いのかわからないなあ、と思います。

 この場合の我が強いとは自分自身に対しどのくらいプライドを持っているか、ということに近い概念です。

 基本的には頭がいい人ほど我が強く、自己主張もまた激しいとぼくは考えています。

 で、その考え方でいくと、ぼくはあきらかに我が弱い人ということになると思うのですね。

 そもそもあまり頭は良くないですし、主張するべき「自己」というものがいかにもあいまいですから。

 そして、それでは肉体的な人間かというとそうでもないわけで、ぼくは空っぽな奴だなーと思います。

 何をしたいとか、何が欲しいとかいうこともありないですしね。

 この認識にはもうひとつ論拠があります。

 以前にも書いたことがありますが、 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
読者のぼくちんといいます。

岡本敏子が「じぶんらしさなど本当にあるのかどうかわからない」
そう仰ってました。

私は行動と暗示がその人を規定していくじゃないかと思います。

僕もそのときのポイントポイントで自分を疑うことがあり、そういうときにひねった行動をしたりします。
あまのじゃくなんですね。
誰かが私の事注視しているかわからないけど、「自分を決めつけられたくない」というのがあって。
それで裏切る行動をしますね。

そこまで含めて自分といえばそうかもしれないですが。
にわとりかたまごどっちが先なのかの問題だと思ってます。
49ヶ月前
×
嫉妬がないっていうのは、見捨てられ不安がないってことなんですかね?
たとえば親密な相手がいて、その人が自分のもとを離れていくという場面での気持ちの揺れ動きが嫉妬だと理解しているのですが、嫉妬がないってことは「まあこの人が自分の元から離れていくのも相手が決めたことだからしょうがないな」という風に冷静に割りきれてしまうってことなんでしょうか。

自分の場合、結構見捨てられ不安が強かったりするので、そこで動揺しないっていうのは「羨ましい」ですね。
もし自分がそこで動揺しなければもう少し冷静に対処できるのかもしれない、という可能性を少し想像してしまいます。羨ましさを感じないということは、「そんな仮定で色々考えても、結局人は人、自分は自分なのだからしょうがない」と割り切っているという感じなのでしょうか。
49ヶ月前
×
キャラクター設定というか、自分が「こう」である由縁みたいなことでしょうか?
個性的なキャラクター、それが行動的でモチベーションに満ちている人物だとして、そこには動機が存在していて、それをいっそ「動力」と表現したとして、その源泉は何処にあるのかと考えます。
地震が発生する仕組みと同様に、わたしは「人格のゆがみ」が動力の源泉だと思いました。

ゆがみをすべて発散して、フラットになった時の状態を、達観していると表現して、その状態でみる世界は、幼少時代にみられるキラキラした世界と同じような感じです。

これからこのキラキラが消える頃にね歪みが貯まって、また人生が駆動しだすのかなぁとかんがえると、毎日が楽しいです。
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。