• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

マクレガー引退でもUFCは困らない? 米ESPNとUFCのPPVディールを読み解く■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マクレガー引退でもUFCは困らない? 米ESPNとUFCのPPVディールを読み解く■MMA Unleashed

2019-03-29 11:27
  • 1
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはマクレガー引退でもUFCは困らない? 米ESPNとUFCのPPVディールを読み解く:ESPNの真意はどこにです!!



<1記事から購入できるMMA Unleashedオススメコラム>

ヌルマゴメドフ・マクレガー乱闘劇のその後:記録破りのPPV売上240万件達成!

・コーミエ・レスナーのアングルは是か非か 「フェイクだと言っているヤツらは、一生貧乏してろ」

・史上最強アマンダ・ヌネス、伴侶ニーナ・アンザロフと歩む道なき道

・カネと名声に溺れて、コナー・マクレガーはダメになってしまったのか



3月18日(現地時間、以下同)、UFCとESPNは、4月13日開催予定のUFC 236から、ペイパービュー(PPV)を、米国内では会員制有料配信サイトESPN+のみで配信することを発表した。

この発表内容による、日本を含む米国外のファンへの影響はない。しかしながらUFCにとってPPVは、昨年合計で551万件を販売し、1億8,500万ドルの売上を計上した経営の屋台骨であり、その売上のほとんどは米国国内であげたものなのだ。そんなPPVの販売方法を大きく変更することは、UFCの今後の事業にさまざまなインパクトを与えうることになる。

これまで、米国のUFCファンは、各自が加入しているケーブルテレビや衛星放送を通じてPPVを購入してきた。電話やネットの申し込みサイト、もしくはテレビの画面から購入していたのである。

しかし今回のディールにより、米国のUFCファンは、PPVを買うためにまずはESPN+に加入しなくてはならないこととなった。そして、ESPN+にログインした状態で、PPVの購入手続きを行うことになる。ESPN+の料金は月額4ドル99セント、年額で49ドル99セントである。PPVの価格は、これまでの64ドル95セントから、59ドル95セントに値下げされる。

このディールの懸念点は当然、これまではケーブルテレビや衛星放送など、幅広い方法で販売されていたPPVが、ESPN+の会員でなければ購入できなくなることである。UFCファンは他のスポーツファンよりもストリーミングに親和性はあるとされている。しかし、つい最近のデータを取ってみても、UFCのPPV販売件数の内訳は、UFC TVやFite TV経由の配信型が25%、従来のテレビ中継型が75%と、まだまだテレビで見ている人が多いのが現実だ。Tech Crunchによると、2018年の米国のコードカッター(従来型のケーブルテレビや衛星放送などを解約し、ストリーミングだけを利用している人のこと)数は3,300万人(前年比22%増)であったのに対し、ケーブルテレビや衛星放送など従来型有料テレビの加入者はまだ1億8,600万人も存在する。そもそも、ESPN+の現在の加入者数はまだ200万人強だといわれている。つまり、PPVをESPN+に閉じ込めることは、PPVの対象顧客を大きく限定してしまうことになるのだ。
この続きと追悼・ウォーリー山口、フジメグ、引退3連発GSP、飯塚高史、ミルコ…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
カタカナで英語を表したいるけど、無理がありますよ❗ 発音が違うので!deal ですよ❗ または、done deal ですよ❗
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。