• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アポロ菅原 SWS鈴木みのる戦シュートマッチ全真相1万字インタビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アポロ菅原 SWS鈴木みのる戦シュートマッチ全真相1万字インタビュー

2020-11-30 20:37
    9d48b72c31044eca7ca1d5ee50d926366a81c336
    国際プロレス、全日本プロレス、パイオニア戦志、SWS……昭和から平成にかけて様々なプロレス団体を渡り歩いてきたアポロ菅原インタビュー第4弾。
    SWS鈴木みのる戦シュートマッチ全真相を1万字で語り尽くします!


    【アポロ菅原インタビューシリーズ】



    ――
    今回は菅原さんがメガネスーパーのプロレス団体SWSに入団してからのお話を聞かせていただきます。菅原さんがコーチをしていた北尾(光司)さんを通じて天龍(源一郎)さんから入団の許可を得たそうですが、面接なんかはあったんですか?

    菅原 ええと、ありません(笑)。SWSの道場があった新横浜で若松(市政)さんと「キミ、来てくれるんだってね?」という話をしたことはあります。

    ――
    若松さんはSWS設立における中心人物で。給料の話もされたんですか?

    菅原
     給料は話はしたのかなあ。したような記憶もありますね。

    ――
    当時のSWS には唸るほど資金があって、破格の契約金をもらった選手もいれば、もらわなかった選手もいたじゃないですか。 

    菅原
     契約金はボクはもらわなかったです。やっぱりそれは早い者勝ちじゃないですか(笑)。

    ――
    菅原さんの入団はだいぶ遅かったですもんねぇ。

    菅原
     まあ、そうですね。契約金をポーンともらった人も多かったと思いますよ。 

    ――
    ギャラは国際プロレスや全日本プロレス、新日本プロレス時代と比べてどうだったんですか?

    菅原
     金額的には満足なものでしたね。SWSが一番よかったぐらいです。

    ――
    新日本をやめてよかった、じゃないですけど。

    菅原
     うーん、お金だけを比べると、そうかもしれませんけど。新日本でもああいうことがなければ、残ってたとは思うんでね。そこは金じゃないんですよ。

    ――
    SWSは“金権プロレス”と『週刊プロレス』がネガティブキャンペーンを張ってたじゃないですか。『週刊プロレス』の記者もじつはSWSからお金をもらっていたのに。ああいう報道はどう思われていたんですか?

    菅原
      どう思っていたんだろうなあ。いまだったら企業がプロレス団体を持つのはあたりまえになってきてますよね。でも、当時は馬場さん・猪木さんというかたちがあったから、企業が業界に入ってくるということに対してのアレルギーなんかがあったんじゃないですかね。

    ――
    プロレスをわかってないヨソ者が何かやろうとしてるみたいな。

    菅原
     そうですよね。でも、資本を投入してくれることはありがたいことですし、それがメガネスーパーだったわけですからね。俺のところに挨拶に来なかったから気に食わないじゃなくて、プロレス全体のことを考えればよかったんじゃないですかね。 

    ――
    メガネスーパーが参入することに反対するレスラーなんてひとりもいなかったわけですからね。

    菅原
     そうですよね。歓迎する人は多かったんじゃないでしょうか。

    ――
    やっぱりプロとして高い給料を払ってくれることに越したことないですもんね。

    菅原
     プロの評価はやっぱりお金だと思ってるんですよ。そこに義理や人情がついてくれれば最高なんでしょうけど、なかなかそうはいかないので。「お金で動いた」と言われれば、みんなそれはそうですけど。お金で動くのは、あたりまえだと思ってますよ。

    ――
    当時はプロ野球史上初の1億円プレイヤーとなった落合博満が異分子扱いされたり、お金で動くことへの嫌悪感ってありましたからね。

    菅原
     あの当時の日本はまだ堅物なところがあってね、いまだったらあたりまえになってるんじゃないですか。

    ――
    そのSWSって部屋別制度だったじゃないですか。天龍さんの「レボリューション」、若松さんの「道場・激」、高野兄弟の「パライストラ」。菅原さんはどこにも所属せずにフリーでしたけど、これはどういうことなんですか。 

    菅原
     別に理由はなくて。 本音で言えばね、横綱(北尾)がね、どこかの部屋に入るとは思ってなかったんですよ。最終的に天龍さんのとこに入りましたよね、レボリューションに。そのときにちょっとだけガッカリしたんですよ。あの中のフリーとしてやってほしかったなあという気持ちがありまして。

    ――
    SWSの中でフリーでやっていくことって居心地は悪くないんですかね?

    菅原
     いや、快適ですよ。フリーだから誰とでも試合はできるだろうしね。

    ――
    ああ、どの部屋の選手とも試合ができるわけですね。

    菅原 フリーは自分と新倉(史裕)さんだけだったからね。そこに横綱が来てくれるんだったら面白くなるんじゃないかなと思ってたんですよ。

    ――
    SWSにも派閥はあったじゃないですか。菅原さんの立場は……。 

    菅原 自分はプロレスラーとしては天龍さんのことを尊敬してますから。ですからレボリューションといえばそうなんでしょうけども……そこは何か違うんですよ。天龍さんは好きですけど……というところがあるんです。

    ――
    天龍さんは好きだけど、部屋に入るのとはまた違うんですね。

    菅原
     横綱がレボリューションに入るとは思ってなかったから。横綱がフリーでいれば自分と新倉さんで3人で、タッグや6人タッグマッチの試合が組まれると思ってたから。プロレスラーとしては横綱より天龍さんのほうが格上なんですけど、生身の凄さというものは横綱にありましたからね。俺は天龍さんと横綱の試合が見たかったんですよね。

    ――
    天龍さんに向かっていったほうほうが面白かったかもしれないですね。

    菅原
     いきなりシングルはないだろうとすれば、フリー軍団として6人タッグあたりからやっていくのがよかったんじゃないかなって当時は思ってたんですよね。お客さんも天龍さんと横綱の一騎打ちが見たかったんじゃないかなって。 

    ――
    SWSは仮道場が横浜にあって、そのあと新百合ヶ丘の一等地に本道場を作りましたよね。

    菅原
     新横浜駅から歩いて10分もかかんなかったんじゃないかな。いまだったら考えられないですけど、千葉から新幹線で通ってましたからね(笑)。千葉から快速で東京駅に出て、そこから新幹線ですよ。

    ――
    それは交通費が出るんですか?

    菅原
     いや、自分のお金です。 やっぱり時間を考えれば在来線で行くよりも20~30分近く違うんですよ。 

    ――
    それだけお金はもらってたということですね。練習時間も部屋ごとに分かれていたんですか?

    菅原
     そんな感じだったですよね。新横浜のときはノビノビやってたような気がしますけどね。新百合ヶ丘の頃は雰囲気があまり良くなかったですよね。だから、なんとなく時間割をしようとかそういう話もあったみたいで。かといって、若い選手はともかくとして、みんなで合同練習というかたちではなかったんですけど。 新百合ヶ丘のときは俺が行かなかっただけかな(笑)。

    ――千葉からは遠いですよねぇ。

    菅原
     いや、通ってはいましたよ。新宿から小田急線に乗って。新百合ヶ丘の時は本当に大変で。

    ――
    SWSは天龍派vs反天龍派の派閥争いが原因で消滅に追い込まれますけど、それは新日本と全日本の出身レスラーが合わないこともあって。

    菅原
     プロレスはプロレスなんですけども、本当に基本的なところが違うんでしょうね。こことここが違うとは具体的には言えないんですけど。 

    ――
    関西人は納豆が食べられないみたいな話がありますし、生まれ育ちで違いは出てくるんでしょうね。

    菅原
     それはね、秋田、千葉を経て、いま熊本にいる俺も口には出さないですけど、違和感は感じますよ(笑)。なんだかんだ日本は広いですよね。プロレスも団体が違うと空気感が違うんですよ、やっぱり。新日本と全日本だと全然違うんですよ。

    ――
    SWSの忘年会も大荒れだったって聞きますもんね。 酒に酔って大暴れしたジョージ高野さんが周囲からボコボコにされたとか。

    菅原 なんかそうだったみたいですけど、「なんだこれは……」って感じですぐに自分の部屋に引き上げちゃいました(笑)。そのあとのことはわかってないですよ。なんと言うかのかな、酒を飲んで、じゃれ合うんじゃなくてマジになってるから。お酒も入ってるからそうなったのかもしれないですけど、こんなことに関わってる場合じゃないなって。 自分の部屋は2階だったんだけど、さっさと戻って部屋で飲んでました。

    ――
    菅原さん、独特のポジションを築いてますね。 部屋別制度なのにフリーですし。

    菅原
     まるで俺が他人との交わりが苦手みたいな感じで言いますね(苦笑)。

    ――
    いや、揺るぎない位置を作ってるなって。

    菅原 ハハハハハハハ。そういう褒め言葉は初めて聞きましたよ。次の日に「昨日は散々だったよ」なんて話は聞きましたけど、あんな揉めことを見せられたらメガネスーパーの人たちもイヤな気持ちになるでしょうね。

    ――
    ハメを外した楽しいお酒ではないわけですもんね。 

    菅原
     別の団体同士が忘年会をやって揉めただけですもんね(笑)。昔の言葉でいうと、シャレにならないよっていう。

    ――
    そういう大人の菅原さんがいまだに語り継がれる伝説のシュートマッチをやったわけじゃないですか。1991年4月1日、神戸の鈴木みのる戦。

    菅原
     あー、はいはい。

    ――
    いままで菅原さんは、こういう試合を仕掛けたことはあるんですか?

    菅原 自分は1000試合以上やってきてるんですけど、 そう言われれば、この試合だけですよ。ほかの試合はすべて「イエッサー!!」で従ってきましたよ。

    ――
    そんな仕事マジメな菅原さんがなぜ物騒な試合をしたのが気になるんですね。

    菅原
     あれは試合の3~4日前かな。新横浜の道場で偶然田中(八郎)社長にお目にかかって、ちょっとだけ2人で話をしたんですよ。

    ――
    SWSの母体メガネスーパーの社長ですね。

    菅原
     田中社長からは「菅原くん、今度の試合は楽しみにしてるから」と言われたんですよ。自分が「社長、今度の試合は難しい試合になると思います」と言ったら田中社長は「どうして? おもいきり、やっつければいいんじゃないの?」と。自分は「そうですね……」って答えたのが精一杯ですよ。

    ――
    それはつまり田中社長がプロレスというものを……。

    菅原 自分としては対戦相手に恨みはないけど、船木(誠勝)選手や鈴木選手は「自分たちは真剣勝負で強いと」いうふうに言ってたじゃないですか。

    ――
    Uスタイルは本物志向だというプロモーションですよね。

    菅原 真剣勝負で強い、と。真剣勝負ということは真剣に勝負するということだろうから、仮に自分が鈴木選手に負けたとしたら「なんだ、菅原は真剣勝負でも弱いじゃないか」となっちゃうでしょ。それがプロレス界の人間だったら、そういうふうには受け止めないんですけども、田中社長やメガネスーパーの幹部の人たちは……。

    ――田中社長のプロレス観は、業界人のそれではなかったというのが定説にはなってますよね。

    菅原
     そうなると自分の見立ては間違ってなかったということなんですけど。

    1万字インタビューはまだまだ続く!
    この続きと、アポロ菅原vs鈴木みのる、斎藤裕、和田京平&木原文人、ウォリアーズ里…などの11月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事18本の詰め合わせセット」はコチラ
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事90円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。