• このエントリーをはてなブックマークに追加
【仮想通貨詐欺】なぜ私はTDTのスポンサーオファーを断ったのか■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【仮想通貨詐欺】なぜ私はTDTのスポンサーオファーを断ったのか■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

2021-08-05 10:05
    多くのMMAファイターをマネジメントするシュウ・ヒラタ氏が北米MMAシーンを縦横無尽に語りまくるコーナー。今回のテーマはTDTのスポンサーオファーを断った理由です!!(この記事はニコ生配信されたものを編集したものです)

    ――
    多くの格闘家をスポンサーになっていたTDTの関係者が仮想通貨詐欺絡みの件で逮捕されました。 RIZINとの関係も取り沙汰されていたので、バンタム級GPカード発表会見後の囲みで榊原さんに話を聞いてきたんですけど(記事後半に紹介)。 シュウさんのマネジメント選手にもTDTからのスポンサーのオファーがあったそうですが、すべて断ってたんですよね。

    シュウ はい。一番最初にTDT代表の橋谷田(拓也)さんから連絡があったのは、(佐々木)憂流迦くんが朝倉海選手との試合で、アゴの骨を折ったときなんですよ。橋谷田さんは憂流迦くんと同じ静岡県出身で。同じ静岡県出身同士、ぜひサポートしたいと。病院にもお見舞いに行きたいし、いろんな話をしたいと。それはどうぞどうぞということだったんですけど、そこからスポンサーの話になったんです。 

    ――
    どんな内容だったんですか?

    シュウ
     我々の場合は「パンツにロゴを載っけます」とか、 それだけのスポンサーパッケージは一切やってないんです。

    ――
    ああ、その手法はよくありがちですけど……。

    シュウ
     それをやってもお互いにあんまり効果はないんですよね。それよりも「こちらからオフィシャルフォトを10枚提供するから1年間好きなように使っていいですよ」「アメニティ に100個サインしますよ」「 SNSでこういったツイートをしますよ」といったものをパッケージにするんですよね。

    ――
    ロゴを載せるより全然いいですね。

    シュウ
     そうですよね。なので、どういうパッケージを作ったらいいかって考えたときに相手の会社をチェックするわけですよ。その会社の業種にあったパッケージを提案しないといけませんから。 どんな会社もホームページを見れば業種がわかるじゃないですか。 でも、TDTの場合は T シャツを売ってる以外、何を仕事にしているのかわからなかったんですよ。

    ――TDTって最初から謎だったんですよね。ちなみに仮想通貨詐欺の疑いでかけられているのはオズプロジェクトで、その関係者が立ち上げたのがTDTという関係性なんですけど。

    シュウ
     そこがひとつ目の疑問だったんです。ふたつ目の疑問は、 そこまでのお金は払わないのに、やってほしいことがいっぱいあって(苦笑)。

    ――
    あれま(笑)。一部の選手を除いては、たいした金額は出てないんじゃないかっていう話も聞いていて。

    シュウ
     はい。そんなにいい金額ではないですね。なので「ちょっとこの金額で、ここまでやるのは……」という話をしたら「こちらでカッコいい映像を作りますから」とリンクを送ってきたんです。それはイリー・プロハースカのやつだったんですけど。それって結局TDTのコマーシャルなんですよね。なので「コマーシャルにタダで出ろってことですか」って返したんですけど。

    ――さすがシュウさんですね(笑)。 

    シュウ
     それだったら肖像権の問題もあるし、いつまで公開するのか出稿期間も出稿する媒体も決めなきゃいけないし……っていう話をしたら向こうが面倒くさくなったんでしょうね。腰が引けてきた中で「何かおかしいなあ……」と思って、 彼のことをググってみたら、そんなにいい話は出てこない。たいした金額じゃないから断るにしても「RIZINを通して話があるんだったら受けつけます」と返したんですね。向こうがRIZINさんに我々の話をしたかどうかはわからないですけどね。

    ――
    榊原さんの言い方だと、フジテレビとの契約上、仮想通貨のスポンサーはオフィシャルでは扱えないと。 

    シュウ
     ニューヨークで榊原さんがホイス・グレイシーと一緒に橋谷田さんと写真を撮ったりしてましたけど、TDTはRIZINさんのオフィシャルスポンサーではなかったはずですよね。

    ――シュウさんのほうで「何をやってる会社なのか」は聞いたんですか? 

    シュウ
     実際にTDTの親会社は何をやってるのかを聞いたんですよ。AIベースの商品を仮想通貨の投資家たちに提供していると言われたんですけど、それも意味がわからなかったんです。 あるアメリカのジャーナリストが少し前に「おたくの会社は何をやってるんですか?」って聞いたら「ウチは野心を持ったチャレンジャーを応援する会社です」って答えたらしいですよ。普通だったら「こういう仕事をやってます」っていう説明するんですけどね。

    ――あるサイトに載っていたボスのロングインタビューは現在削除されてて、ボクはもちろん保存済みなんですけど(笑)。そこで具体的なことは何も言ってないんですよね。 TDTのスポンサーを受けた選手も、とくに仮想通貨絡みのPR活動してないからホントに謎で。

    シュウ
     要するに彼がオズプロジェクトの詐欺と言われる活動で得たお金で作ったアパレル会社というのが正しいかもしれません。橋谷田さんは格闘技が大好きだったんでしょうね。

    ――
    タニマチ体質というか。いまはもう削除されたオフィシャルサイトに載っていた格闘家たちもUFC、ベラトール、RIZIN、ONEに紛れて謎の選手が多かったんですよ。 名前が「Mark」でプロフィールはなしの正体不明の格闘家だったり(笑)。
    この続きと、船木誠勝とUWF、井上直樹、金太郎、中村倫也、昇侍……などの8月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事17本の詰め合わせセット」はコチラ

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2046818

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事110円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。