• このエントリーをはてなブックマークに追加
時代と寝る平良達郎、歴史的快挙の渡辺華奈
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

時代と寝る平良達郎、歴史的快挙の渡辺華奈

2022-05-18 19:09
    e0030d84ba9ff43b76172c7dcbd30a66aa82488f
    この記事は時代と寝る平良達郎、歴史的快挙の渡辺華奈を語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)



    【1記事から購入できるバックナンバー】

    ・朝倉海を最初から最後まで褒め称える会



    渡辺華奈選手がベラトールで、平良達郎選手がUFCでそれぞれ勝利しました! いやあ、日本人格闘技ファンにとっては素晴らしい週末になりましたねぇ。海外MMAの日本人の試合って週末の昼間にやるから、試合で負けると落ち込んだまま休日を過ごすことになっちゃうんですけどね(笑)。

    まず渡辺選手、ワタカナさんは日本格闘技の歴史的にも、とてつもないことをやってるんですよね。何かというとメジャーイベントで、女子フライ級の国際戦を4戦連続やって、3勝1敗で勝ち越して、フィニッシュ2回ですよ? MMAレコードの評価は「誰に勝ってるのか」が重要なわけですけど、ワタカナさんが勝ってる相手は全員ベラトールで実績がある選手。 格下相手のチューンナップファイトではない。これだけのキャリアをこなすって、UFCやベラトールのメジャーで数年は戦わないと達成できないわけですから、なかなかの茨の道を歩いている。ワタカナさんは年内に行なわれると噂のベラトール日本大会で、王者リズ・カムーシュへ挑戦&リマッチ濃厚でしょう。堀口恭司の凱旋マッチは組まれるとなれば、もはやRIZINなベラトール。「ベライジン!」とドラクエの魔法みたいなことを唱えたくなるほど楽しみですよ。

    そして平良選手はUFCデビュー戦とは思えない落ち着いた戦いぶりでした。試合内容としては完勝ですし、プロレス格闘技でスターになる選手って勝手に事件が降り掛かって求心力を手にするんですよね。
    この続きと、高阪剛、YUSHI、岡見勇信、臼田勝美、大谷晋二郎…などの5月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事19本の詰め合わせセット」はコチラ
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事110円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。