• このエントリーをはてなブックマークに追加
「絶対にありえない」CMパンク、WWE電撃復帰!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「絶対にありえない」CMパンク、WWE電撃復帰!

2023-12-04 11:11
    アメリカンプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは「絶対にありえない」CMパンク、WWE電撃復帰!です!








    「Hell froze over.(絶対にありえない)」

    CMパンクは、11月25日、地元シカゴのオールステート・アリーナ(旧ローズモント・ホライズン)で開催されたWWEのPLE大会「サバイバー・シリーズ」で、歴史に残る衝撃的な古巣復帰をはたした。

    2日後の月曜夜、場所が変わりナッシュビルで行われたテレビ番組「ロウ」の最後に登場し、満員の観客たちからは、耳をつんざくような凄まじいCMパンクコールが起こっていた。数ヵ月前まで在籍していたAEWの会場で聞こえたようなブーイングは、戻ってきたWWEにはなかった。

    マイクを手にしたCMパンクは、開口一番、こう述べる。

    「自分がこの生放送のマンデー・ナイト・ロウのリング上で、マイクを手にして立ってるなんて、絶対に起こりえないと思っていた」

    2014年1月の「ロイヤル・ランブル」以来、およそ10年ぶりにWWEのリング上に立ったCMパンク。これまでのいきさつを思うと、誰が考えても絶対にありえない(hell froze over)ことだった。

    “hell froze over”という一句は、2010年1月、これまたWWEと深い因縁があり、二度とWWEのリングに上がることはないであろうと言われていたブレット・ハートが、「モントリーオールの悲劇」から12年ぶりにWWE再登場した際、冒頭に発した言葉である。ブレットを信奉するCMパンクは、自身のWWE復帰の際に、同じ言葉を使ったのだ。
    この続きとUFC訴訟、高田延彦、ジョビン、長井満也、平本丈…などの12月バックナンバー記事が600円(税込み)でまとめて読める「12万字・記事13本」の詰め合わせセットはコチラ 


    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事200円から購入できます!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。