• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ロッシー小川電撃解雇】スターダムは分裂するのか■事情通Zの「プロレス 点と線」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ロッシー小川電撃解雇】スターダムは分裂するのか■事情通Zの「プロレス 点と線」

2024-02-09 09:56
  • 1
プロレス格闘技業界のあらゆる情報に精通する事情通Zのコーナー。今回のテーマはスターダムは分裂するのかです!



【1記事から購入できるバックナンバー】

・リングス伝説の佐竹雅昭戦とは何だったのか■長井満也



――
Zさん、スターダムの創業者にしてエグゼクティブプロデューサーのロッシー小川さんがスターダムを電撃解雇されました! スターダム側の発表によればロッシーさんが「多数のスターダム所属選手・スタッフに対する引き抜き行為があった」からだと。事実ロッシーさんは新団体設立を宣言しています。Zさんは事前にこの噂は聞いてたんですか?

 全然聞いてなかったです(キッパリ)。

――事情通なのに!

 そこが今回のポイントのひとつだよ。水面下でこんな大掛かりな動きがあったのなら、なんでもかんでも書き殴る海外サイトが放っておくわけないでしょう。私が知らなかったりしただけかもしれないけど(笑)。

――たしかに海外で先に報じられていても不思議じゃない。

 今回の件を受けて情報収集したら「ロッシーさんが新団体を作る」という話はスターダム周辺の人たちは知っていた。では、なぜその噂が広まらなかったのか。これは情報を整理したうえで、あくまで私の見立てなんだけど……。スターダムは2019年にブシロードに事業譲渡。それまではロッシーさんの個人商店だったスターダムという女子プロレスはブシロードのビジネスとなった。そのブシロード体制最初の社長が原田克彦氏。

――しばらく原田氏が社長でしたが、トラブルが多発したことを受けて昨年11月に岡田太郎氏が就任。両者ともにブシロードからの派遣人事です。

 ロッシーさんはエグゼクティブプロデューサー職に就いたが、一般的には会社をどこかに売り渡したら、元オーナーは身を引いたり、相談役的なポジションに落ち着く。そして時が来たらフェードアウトするでしょ。でも、プロレスは特殊な仕事というか、女子プロレスビジネスに関していえばブシロードは素人ですからロッシーさんに頼るしかなかった。

――WWEやUFCなんかも親会社が変わっても現場の人間はそのまま雇用されてますね。

 同じブシロードグループの新日本から誰か呼んでくるわけにもいかない。やっぱり男子と女子では、飯伏幸太じゃないですけど「プロレスの仕組み」が違うわけですよ。ロッシーさんはあくまでも裏方でプロレスを作る部分を担当してもらっていたはずだけど、ブシロード側の意見も取り入れなければいけない。関係者によれば先代の原田氏はロッシーさんに意見が言える人だったらしい。そうなるとロッシーさんとして不満があったんだと思う。で、さっきも言ったように昨年のスターダムはいろいろとトラブルが起きたことで社長が変わった。それが昨年11月のことなんだけど、どうやら今回の新団体云々の話が出てきたのはこの時期らしい。

・発端は2部リーグ制構想?
・スターダムは経済的には好待遇だが
・今度こそ“黒幕”はいるのか……事情通Zの見立てはまだまだ続く
この続きと鶴屋怜、スターダム、武尊本、佐藤将光、ビンス、中嶋勝彦…などの2月バックナンバー記事が700円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事15本」の詰め合わせセットはコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2188442

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事200円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

でも今のスターダムのブッカーって中野たむなんでしょ。御神輿でしかなかったロッシーについていくほどの恩義を感じているのなんて、それこそ岩谷とジュリアくらいじゃないの。まあスターダム運営の一部が能無しなのは事実だけど、そういう連中が新体制になることで業界から淘汰されれば、わざわざ高待遇を捨ててまで離脱しないよね。黒幕のWWEがどこまで本気は不透明だし。

No.1 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。