• このエントリーをはてなブックマークに追加
やりすぎくらいがちょうどいい……武尊『ユメノチカラ』を読んで
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

やりすぎくらいがちょうどいい……武尊『ユメノチカラ』を読んで

2024-02-07 12:55
  • 1
6b568d58007e3dbd6fb57f6af13596814a02171a
ジャン斉藤が語る武尊『ユメノチカラ』について(ニコ生配信したものを再編集した記事です)


【1記事から購入できるバックナンバー】

・それでも乗りたい「苦役列車RIZIN」■笹原圭一の超RIZIN2感想




実現不可能と言われた那須川天心戦がなぜ実現したのかは「僕の格闘技人生を振り返るとわかってもらえるんじゃないかと思う」と書き記す武尊の2冊目となる著書『ユメノチカラ』。リング外の行動も真っ向勝負のファイトスタイルそのもので、なるほど武尊の人並み外れた執念が世紀の一戦実現を動かしたことが伝わってきます。

ボクは常々「現役格闘家・関係者の本はいまでも現場に携わっているから、諸事情でぶっちゃけられず微妙な内容になりがち説」を唱えているんですが、『ユメノチカラ』は想像以上にけっこう踏み込んでいて行間でも読ませる。天心戦では「ここではとても明かせないようなこともたくさんあった」と書いてあるけど、「えっ、これ以上のこともあったの!?」と震えますよ。見えないからこそ、よけいに怖いってやつ!かといってSNSでありがちな炎上目的の暴露な匂いはしない。すべては言ってないけど、伝えたいことは伝えていて、あとは読み手が何か探ってくれ……という大人のスタンスの本です。


・榊原信行、フジテレビ上層部との極秘接触
・「僕はこう言うしかなかった……」
・武尊だけで2億円分のチケットを売ったTHE MATCH
・地上波を求めた武尊を待ち受けた残酷な結末……まだまだ続く!

この続きと鶴屋怜、スターダム、武尊本、佐藤将光、ビンス、中嶋勝彦…などの2月バックナンバー記事が700円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事15本」の詰め合わせセットはコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2188442

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事200円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

凄い!ほぼ「第一章」の内容を基に作られた文章だ。
Dropkickは格闘家へのリスペクトを絶対に忘れないですよね。
因みにこの配信を聴いて「ユメノチカラ」をU-NEXTで買いました。

No.1 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。