• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

不思議なのはポケットじゃなくビスケットの方だ!

2016-03-08 17:31
    久々に更新した昨日の『ひろぐ』記事
    『北海道でもっともおいしくない食べ物』
    は驚くほどの大反響だった!
    てっきり色々なところから
    お叱りの言葉が投げつけられるか
    と思っていたのだが
    私に届いたメッセージはどれも
    「ホンコンやきそばを食べてみたい!」
    「ホンコンやきそばを買ってみたい!」
    といった冒険心あふれる物ばかりだった!
    「ホンコンやきそば」とは無関係で記事に登場した
    「アントニオ小猪木」氏からは
    「妻が札幌出身なので食べた事がある!
     ぶっちゃけ
     また食べたいとは思わない!」
    との力強い否定メッセージを頂戴したが
    そんな言葉を聞くと『ひろぐ』読者の冒険者層は
    更に冒険心を高めて行くのだろう!

    「自分で危険に直面せず
     他人に言われただけで中止するとは
     まったく言い訳にもならない」
             冒険家・植村直己

    先ほど「南参(なんざん)」君から連絡があり
    彼の劇団「yhs」による
    『しんじゃうおへや』大阪公演
    3月12日19:00回の私のトークショー内では
    本当にじゃんけん大会が開かれる事となり
    じゃんけん勝者には
    「南参」君自身が
    近所のスーパーマーケットで購入した
    「ホンコンやきそば」
    をプレゼントする事となった!
    飛行機のセキュリティ・チェックの際に
    「本品は道外持ち出し厳禁です!」
    と言われて没収されないよう祈りたい!

    a0e2262a47426fa156cc2e9920798c66bdf9772d

    こうなったらなんだか愉快なので
    今回も更に「北海道」の底力をひろぎたい!
    これは本来「広島の底力」として
    驚愕のエンターテイメント・マシン
    「ぶんぶん丸」を紹介した次に
    記そうと思っていた事だ!

    『ダブリンの鐘つきカビ人間』札幌公演は
    なかなか余裕のあるスケジュールだった!
    カレンダーを見ると
    2015年11月18日に札幌入りして
    公演が11月20日!
    帰阪が11月21日となっている!
    つまりわずか2時間半の公演のために
    札幌に三泊したというわけだ!
    そんなのんびりスケジュールとなれば
    私は当然”ひろぎ探検”に出かける!

    私が何で調べてそこを知ったのかは記憶にない!
    恐らくインターネットを利用し
    「札幌」「へんな場所」といった単語で
    検索をかけたのだろう!
    目標となったポイントは
    地元だけに流通する小さなビスケット工場だった!

    ここまで聞いたところで
    既に道民は「ぎくっ」としている事だろう!

    道民は「ホンコンやきそば」と共に
    「坂ビスケット」を食べている!
    「ホンコンやきそば」同様
    「坂ビスケット」を食べた事のない道民はいない!
    ところが!
    あまりにも無意識に食べているため
    それがだいたい幾らで売られている商品なのか?
    どこに行けば買える商品なのか?
    を知っている者がとても少ない!
    現に先日「南参」君の車で
    「ホンコンやきそば」を買いに
    スーパーマーケットに行った際
    お菓子コーナーにも立ち寄り
    「坂ビスケットはないかなぁ?」
    と尋ねたところ
    「スーパーにはないと思いますねぇ!」
    と答えられた!
    ならばどこに行けば買えるのか?
    と尋ねてみると
    「坂ビスケットですかぁ・・・。
     ちょっとわからないですねぇ!」
    と返された!
    みんなが知っているのに誰も知らない!
    そんな道民だけの秘密のお菓子!
    それが「坂ビスケット」だ!

    地下鉄東西線の「二十四軒」なる駅で下車!
    なかなか裕福な家屋が立ち並ぶ地域で
    明らかに二十四世帯は越えている街だった!
    調べてみると
    かつて「辛未(しんぴ)村」と呼ばれた場所から
    二十四戸の家がここに移り住んだ事が
    地名の由来だと言う!
    それら「オリジナル24」を
    全軒探す楽しみも思い付いたのだが
    目標となる場所は
    それらの中に紛れ潜むと伝えられている
    秘密菓子「坂ビスケット」の工場だ!
    しかしここでも私は
    別称「後藤おすひと」としての使命を
    決して忘れはしない!
    駅スタンプは馬ひひんだった!

    404143391ea7331532e806e716a6a1ddcd7aa308

    15分ほど歩いただろうか?
    住民しか歩く事のないであろう
    住宅地の中の静かな道だった!
    やがて!
    ここが「坂ビスケット」秘密基地に違いないであろう
    目印が目に入った!
    「坂ビス号」だ!
    マスコットの「坂ビスちゃん」もいる!
    (どちらも私が思いついただけの名前で通称ではない!)

    824e6da6fec22043b9bc6f4a3eccf1f5a6ed0646

    さて!
    噂ではこの本社工場建物に隣接して
    道民がなるべく近づかないようにしている
    札幌で最も奇妙な場所があると言う!
    特に柵もない「坂ビス号」青空格納庫を抜けて
    私はちょいと怪しい空気が漂う方向へと進んだ!
    そこにこれがあった!

    e3b8ebf4bb69146b9e49eb37788de3b058973c0a

    「レトロスペース坂会館」!
    中に入った人はみな
    「とにかく変な場所なので
     言葉では伝わらない!」
    と言う!
    地元の人々の間でも
    精神衛生上かなり危険視されている場所だった!
    私の中の「ひろぎの魂」が唸りを上げた!
    さっそく入ってみよう!
    入場は無料だと言う!

    入っていきなり「ぎゃっ!」となった!
    のっけから高密度のクレイジーが炸裂し
    私の「しりこ玉」が弾け飛んだ!

    2013f498d040a0027bb4bf86ebe4981bbfa08832

    もしも自分に子供がいて
    部屋でこのように人形を飾っていたら
    取り敢えず
    オレゴンとかジョージアといった
    広域を見渡せるような場所に
    留学の手続きをするだろう!

    92c2f013f78a0ca905c612b302007860b89de23a

    一つ一つに
    ものすごく手間がかかっているのはわかる!
    恐らくなかなかの労力があった末に
    成し得た事なのだろう!
    だが褒めない!

    2bb98e8833b57a3ce4de4b185ff0bc3a9393dd18

    更に奥へと進むと
    そこは珍妙の極みだ!
    どれも売り物ではなく
    展示品なのだが
    ”さわるな”と叱責するほどの
    愛着も感じられない!
    どれもただそこに置いてある!

    51c1277a304d55abdca150def3d1494b13ea26ac

    久しぶりに見る真理ちゃんも
    昔と変わらずご機嫌そうでなによりだ!

    b48f45d3aad475f8979b165bf693123a0d011a6c

    北海道と言えば
    オホーツク海と太平洋上に
    ロシアとの国境線がある!
    そのため「レトロスペース坂会館」にも
    軍事的要素は豊富だ!

    0893191be37a22adddfa5ae82e392cb6f48fc75d

    生物学者「ウィリアム・クラーク」
    英雄とされる北海道だ!
    動物学やロボット工学にも
    通じていなければならない!

    365908e87fa86cbef4cd9dae239a8ed83e855fdb

    医学的展示も充実している!
    主に浣腸器を中心とした
    ”浣腸学”の展示が多い!
    しかし”浣腸学”という学問が
    あるのかどうかは知らない!

    5f371bfca36149ed765a59445085694ccb0a31b3

    けども基本はエロである!

    8c9a9306cf8af9cdf0aa4e13da5c3e629ddc8e17

    壁にはパンツも踊る!

    bcbed68b9369a4aa3d40607402cdc20d67df78b5

    エロとアイドルの混在に
    脳はゲル化する!

    0d300f0e39fd94a970ead41ac9611b91b85b5cb7

    ここを訪れた人は自分のブログで
    館長なる人物に案内されたとか
    親切に説明を受けたといった事を
    よく書いている!
    ならば私も
    誰かに話を聞こうと周囲を見渡したところ
    いかにも今の今まで
    裏でビスケットを焼いていたであろう
    白衣の菓子親父が現れた!

    「あのうすいません!
     これって一体何なんですか?」

    すると菓子親父はこう言い放った!

    「知らないよぉ!」

    明らかに館長たる者のコメントではなかった!
    間違いなく純粋な菓子親父だったのだろう!
    裏でビスケットを焼いていたのに
    どこかから来た髭の男が
    あんぽんたんな博物館に現れたのを
    モニターか何かで知り
    たまたま一番さぼっていた菓子親父が
    「あんた行けよ」
    と言われて出てきたのだろう!
    「えー俺かよー!」
    それでも私がもっと深く尋ねれば
    彼はきっと詳しく教えてくれたのかもしれない!
    しかし!
    私は菓子親父の一言をたいそう気に入った!
    「知らないよぉ!」
    自分の職場の一部に設けられた
    このくるくるぱーな博物館を
    明らかに迷惑がっている一言だった!
    その言葉の裏に
    私は彼の叫びを聞き取った!

    「俺はビスケットを焼きたいんだ!
     日本一のビスケット職人になりたくて
     ここにやって来たんだ!
     なのにどうしてこんなくるくるぱーな場所に
     立たなきゃならないんだ!
     あんた都会から来たのかい?
     どうだい?
     俺を連れて逃げちゃくれないかい?」

    そんな菓子親父の視線を無視して
    更に奥へと進んでみると
    意外な場所に出た!
    「坂ビスケット」専門の店舗だった!
    つまりは輸送費すら使わない
    アウトレット・ショップだ!
    そもそも入場無料だったので
    何かでお金を使ってあげたいと思っていた!
    なのでビスケットを一つ買ってみる事にした!
    1袋100円と言われた!

    0fd3d8a2514df6f37333c178e85ff75edb383830

    「レトロスペース坂会館」を出てから
    駅まで歩いた私は
    多分にもうろうとしていた!
    何を見たのか?
    何を体験したのか?
    うまく整理ができなかった!
    ひょっとしたらたぬきに化かされて
    次にあの場所を訪れた時には
    崩れかけた古寺になっているかもしれない!
    今も田んぼの中で足踏みしているのかもしれない!
    そんな恐怖から逃れようと
    まるでパイプ類を壁に固定する器具のような名の
    「しおフライA字ビスケット」
    を開封して一つ口の中に入れてみた!

    首をひねった!

    甘くもなくしょっぱくもなかった!
    子供が食べればがっかりし
    年寄りがお茶うけに食べれば
    またがっかりし!
    コーヒーに合うとも思えず
    かと言っておかずにもならない!
    広くあまねく公平に
    がっかりを貫くビスケットだった!
    そこはかとなくノン・ターゲットな味だった!
    なぜだ!
    あれほどおいしい物にあふれる北海道で
    なぜに道民はみんなこれを食べるのだ?

    しかし!
    道民はこのビスケットを
    どこで買っていいのか知らない!
    なのにみんな必ず食べている!
    恐らくこれは秘境「群馬県」における
    珍菓「旅がらす」と同じ仕組なのではないか
    と私は推測した!
    ”買った覚えももらった覚えもない”!
    なのに群馬のどの家庭のお菓子鉢にも
    必ず入っているという
    特殊流通菓子「旅がらす」!
    「坂ビスケット」もまた
    政府の手先がこっそり各家庭に忍び込み
    お菓子鉢に入れていくお菓子なのだ!
    それによって
    よその国から
    マクビティとかオレオといった外敵が
    地元の産業を脅かさないよう
    調整しているのである!
    試しに北海道の友人の家で
    「”マリー”が食べたい!」
    と言ってみるといい!
    「ごめんなさい!
     ”坂ビスケット”ならどこかにあると思うんだけど!」
    と返されるはずだ!
    買った覚えもないのに!

    数袋買った「坂ビスケット」だったが
    知らぬ間に全てなくなっていた!
    「カミさん」が全部食べたようだ!
    「カミさん」の道民力が3上がった!

    b712275c5962a5e052ab853cab40dbf1aca07726

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ひろぐ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読