• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

伝説の作り方(2,632字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

伝説の作り方(2,632字)

2012-10-30 06:00
  • 2
村上隆さんの著書「創造力なき日本」の巻末で、村上隆さんとドワンゴ会長の川上量生さんの対談が行われていた。その中で、気になるエピソードが紹介されていた。

それは、ドワンゴがニコニコ動画をスタートした当初、YouTubeのサイトに乗っかる形でコメントをつけていたのだが、YouTubeからアクセスを遮断されてしまい、それができなくなって「さあ困った」となった。しかし、その困ったことがニコニコの伝説となって、後の発展につながったのだという。
それで、ブランド作りにはこうした伝説が不可欠なのだが、それはほとんどの場合偶然にしかできず、人工的に作るのは難しい――ということが語られていた。

このトピックは、ぼくが長年ずっと考えてきたテーマであり、実は「もしドラ」を作った際にも実践したことでもあった。だから、本来は連載中の「『もしドラはなぜ売れたか?」の中で紹介すべき事柄かもしれないが、今回はその概要を、番外編としてここに紹介したい。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
確かマキャベリの君主論にも似たようなことが書いてありました。

君主たるもの(カリスマたるもの)、周囲の人間に自分がどんなことも出来ると思い込ませよとかそんなことです。

83ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
マキャベリの実際的な考え方はとても好きです。天然で周りを楽しませる人も貴重ですが、ぼくはとことん自分を演出していく人により惹かれるところがあります。
83ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。