• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第3回(1,983字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第3回(1,983字)

2019-05-23 06:00
    ブラック企業は、21世紀に入ってパソコンやインターネット、携帯電話が普及していく中で急速に増えていった。それは、人々が仕事を失っていく中で生まれた現象だった。

    例えば90年代の初め頃、たくさんの電話番号を暗記している人がいた。彼らは、電話をかけるときにいちいち電話帳を見なくても済むので、仕事が速かった。

    当時は、携帯電話はもちろんメモリー機能付きの電話もほとんど普及していなかったため、電話をかけるときにはいちいちアドレス帳で調べなければならなかった。そして電話をかける機会も今と比べると格段に多かったため、アドレス帳を調べる時間は膨大なものとなった。

    だから、電話番号をたくさん暗記している人は、仕事が速く、優秀な人と評価されていたのだ。
    ところが、やがて携帯電話が普及すると、そこには電話番号を記憶できるようになった。おかげでいちいちアドレス帳を見なくてもよくなり、誰でも素早く電話がかけられる
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。