• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

自分が好きなものの見つけ方・個性の持ち方(1,638字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自分が好きなものの見つけ方・個性の持ち方(1,638字)

2019-06-17 06:00
    人は、人とのつながりの中で生きている。
    人には、何か基盤となる「よりどころ」が必要だ。よって立つ足場が必要である。

    その足場は、「幼い頃に母親から愛された」という事実によってできる場合が多い。ただし、その愛は「正しい愛」でなければならない。
    「正しい愛」とは、無償の愛だ。見返りなしに子供を愛するような態度でなければならない。

    しかし、多くの親は、たいてい子供に見返りを求める。自分が愛する代わりに、子供にも自分を愛してほしいと望む。そういう「有償の愛」を求める。「等価交換の愛」である。

    等価交換の愛を注ぐ母親は、子供がちょっとでも気に食わないことをすると、「損した」という気分になる。だから、子供に駆け引きを仕掛ける。

    「そういうことするの、お母さん嫌いだな」

    この一言は、かなり重い。この言葉は催眠効果が高く、従ってサブリミナルに効いてくる。

    そうなると、子供はお母さんに支配されるようになる。
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。