• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第22回(1,717字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第22回(1,717字)

2019-10-10 06:00
    審美眼を鍛えるためにする行動の三つ目は「美しさについて勉強する」だ。

    これは一見当たり前のように思えるかもしれないが、実はそうではない。どういうことかというと、多くの人が「審美眼は生まれつきのもので、鍛えることができない」と思っている。だから、勉強すれば審美眼が鍛えられることを「当たり前」と思っていないのだ。

    しかしそれは大きな誤りである。審美眼を持つ人は、一つの例外もなくそれを子供の頃から鍛えてきたし、また審美眼が鋭い人ほど、普段からそれを鍛えている。
    つまり、審美眼は生まれ持った才能ではなく、努力によって獲得するものなのである。

    ただし、この言い方は正確ではない。より正しく言うなら、人は誰でも生まれたときには素晴らしい審美眼を持っている。赤ちゃんは、全く曇りない目で美醜を判断できる。
    ところが、人は大人になるに連れ、その審美眼が曇っていく。そうしてやがて、美醜の判断がつかなくなってしま
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    ハックルベリーに会いに行く
    更新頻度: 月-金の毎日
    最終更新日:2019-10-22 06:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。