• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

建前が暴走する危険な社会(2,033字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

建前が暴走する危険な社会(2,033字)

2019-10-18 06:00
  • 2
こういうことは普通はネットでは書けないが、今回はあえて書いてみたい。それは先日の台風に関してである。

多くの人が当たり前のように「人命が最優先」だと言っている。だから防災を怠ったり救助が遅れたりすると「天災ではなく人災だ」と言って担当者を糾弾する。

それはそれで一時心を癒やす効果はあるかもしれないが、しかし基本的にはそういうことをすべきではない。なぜなら、その糾弾の前提となっている考え方が、そもそも間違っているからだ。

どこが間違っているかというと、「人命が最優先」というところだ。実は、「人命」は最優先ではない。世の中には、それよりもだいじなものがある。

それは「人類の存続」だ。人の命というものは、そもそも死を前提に設計されている。そのため社会も、それを前提に形成されている。

これは、人類が誕生して以来不変の法則だ。この先「永遠の命」というものが実現する可能性もあるらしいが、ここではとりあ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×

fladdictさんの視点に話ように、視点によっては善悪がコロコロ変わってしまい、広い視点での意見は淘汰されているのが問題だと思いました。
https://twitter.com/fladdict/status/1184235490356023297
1ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
近視眼的な人が増えた印象ですね。特に「コミュニティ」視点の人が。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。