• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第23回(1,498字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第23回(1,498字)

2019-10-17 06:00
  • 2
ここからは、「すぐれたアイデアの生み出し方」について、具体的に見ていきたい。

ここまで見てきたように、まずは審美眼を鍛え、不必要なものを捨てる。このとき、思い切ってばっさりと、いっそ不安になるくらい多くのものを捨てる。

すると、そこで得られる「視点」がある。それは、「足りない」という視点だ。不安だったり、不満足だったり、そういう状態を味わえる。

これは、おなかがすいている状態と似ている。おなかがすいていると、食べたいものをイメージしやすい。また、何を食べても美味しく感じる。
しかしおなかがいっぱいのときには、「食べたいものは?」と聞かれてもなかなかイメージしづらいし、実際に食べても美味しくない。

それと同じで、物が満ち足りている状態だと、なかなかすぐれたアイデアは生まれてこない。むしろ何かが足りなかったり、それによって不便だったりする状態のときにこそ、すぐれたアイデアは生まれてくる。

それ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
ありがとうございます!
申し訳ありません。
訂正しておきます。
1ヶ月前
×
ご返答ありがとうございます。
修正に関してもありがとうございます。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。