• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

死について(1,751字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

死について(1,751字)

2019-10-21 06:00
    小学校3年生のときに親がなぜか手塚治虫の『火の鳥』をシリーズで買ってきて、マンガが大好きだったぼくはそれを読んだ。すると「鳳凰編」で「人間は死んだら輪廻転生して他の動物になるが、再び人間には戻れない可能性もある」というようなことが書かれていた。

    そこでぼくは生まれて初めて「自分もいつかは死ぬ」ということに思い至った。9歳のときだ。それから3日間、ぼくは悪夢にうなされた。文字通りの悪夢だ。死んで自分が輪廻転生する夢を見たのだ。「鳳凰編」の中に主人公が夢の中で船の難破によって死ぬ場面があるのだが、それが夢に出てきた。ぼくも船で難破してミジンコに転生した。

    しかし悪夢は3日でおさまった。なぜかというと、死については深く考えないことにしたからだ。ぼくは、人生において深く考えないことはほとんどないのだが、なぜか死だけは自然と深く考えることをやめられた。
    それからの人生でも、たびたび死の恐怖にとらえら
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。