• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

教育格差について考える(1,931字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

教育格差について考える(1,931字)

2020-01-27 06:00
    格差社会は世界的な現象だが、教育格差は日本に顕著な現象という気もする。今の子供は生きる力が本当に弱く、その意味において日本の将来は暗い。

    なぜ日本の子供の生きる力が弱いかというと、大きな要因の一つに「外で遊ぶことができないから」というのがあると思う。昔はできた。ぼくが子供の頃は町中が遊び場だったので、今思うとそこでかなりいろいろなものを得ることができた。

    小一のとき、同級生にザリガニ取りを教えてもらった。それで夢中になってバケツに一杯、100匹くらいも捕まえてしまった。それを手放すことができなくて、歩いて30分くらいの自宅まで持って帰った。今思うと信じられないできごとだ。

    小一の子供が、何もなくても徒歩で30分かかる道のりを、バケツ一杯のザリガニを抱えて帰宅したのだ。きっと休み休み帰ったので、軽く1時間はかかっただろう。家に着く頃には真っ暗になっていたはずだ。それは、小一の子供にとって大き
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。