• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第36回(1,666字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第36回(1,666字)

2020-01-28 06:00
    これからの時代は仕事がなくなる。仕事がなくなっても生きることはできるだろうが、しかし人類はこれまで1万年にわたって「仕事をすること」をベースに社会を構成してきた。おかげで、仕事は生きるための「義務」でもあったが、同時に「喜び」でもあった。だから、その仕事がなくなってしまうと、多くの人の「喜び」も奪われてしまうことになる。

    そういう構造があるから、単に「生きていける」というだけで仕事がなくなることを手放しには喜べない。人類は「仕事がない」という状況にまだ慣れていないので、それに上手く対応できるよう「橋渡し」をする必要がある。

    その橋渡しに、ドラッカーの「マネジメント」が役に立つ。特に、これまで見てきたようなマーケティングとイノベーションが役に立つのだ。

    仕事がなくなる時代に最も懸念されるのは、「時間が余ること」だ。なぜなら、人間は時間が余ることに慣れていない。これまでずっと、仕事があるおかげ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。