• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

映画のサンプリングについて研究する:その10「映画の禁じ手」(2,046字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画のサンプリングについて研究する:その10「映画の禁じ手」(2,046字)

2020-02-13 06:00
    『フォレスト・ガンプ』は、典型的な「サンプリング映画」である。
    ここで「サンプリング映画」の定義を確認しておきたい。それは大きく三つある。

    一、監督が映画好きで、「あの映画のあのシーンをサンプリングしたい」という明確な目的をもって映画を制作している。
    二、場合によっては、ストーリーやキャラクターよりも、むしろサンプリングの方が優先される。その結果、ストーリーやキャラクターに思わぬ歪みが生じるのだが、それが逆に面白さにつながっている。
    二、サンプリングをすることによって逆に「オリジナルな価値」がそこに宿り、映画におけるサンプリングの重要性を証明することとなっている。

    ここまで見てきたように、『フォレスト・ガンプ』にはさまざまな映画のサンプリングがちりばめられているが、しかしそれら以上に重要な作品が、この映画ではサンプリングされている。それは、映画の構造にまつわるものだ。『フォレスト・ガンプ』
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。