• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その27(1,749字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その27(1,749字)

2021-10-21 06:00
    1960年代後半になると、赤塚ギャグは急速に失速する。理由は、ニヒリズムの終焉だ。この頃、世の中は急速にニヒルではなくなった。

    理由はいくつかあるが、一つはベトナム戦争だ。またその背景にある冷戦だ。
    これによって、「世界はまだ戦争状態にある」ということが可視化され、平和も砂上の楼閣であることが子供たちにもリアリティをもって伝わった。

    このことから、「何のために生きるか?」と問われたときに、「平和のために生きる」という答えがすっくと立ち上がるのだ。平和は、「守るもの」「築くもの」として、そのために「戦う」という分かりやすい物語が用意された。おかげで、多くの人は「自分はなぜ生きているのか?」と悩まなくて良くなった。

    もう一つは、1970年に学生運動が頓挫し、それそのものが砂上の楼閣であったことが分かった。おかげで、人々は目の前に開き始めた「豊かさ」を謳歌する方向に向かう。若者たちは、自動車に乗
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。