• このエントリーをはてなブックマークに追加
生きるとは何か?:その7(1,782字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生きるとは何か?:その7(1,782字)

2021-10-26 06:00
    ルーティンはどのように身につくのか?
    ルーティンは反復の中にある。同じ作業を毎日行うことの中にある。毎日同じ作業を行っていると、その中で嫌でも微細な変化が見えてくるようになる。その微細な変化に気づくようになる。そうして、その微細な変化はどこから来るのかを問うようになる。どうして微細な変化が起きるのかを問うようになる。それがルーティンの目的だ。目指すところである。

    ぼくは、離婚して仕事もほとんどクビになったとき、一度は死のうと思ったが、そこから立ち直って小説を書き始めた。毎日書いていたが、書いていると調子の良い人悪い日のあるのが分かった。そこで、書く場所というのをいろいろと変えてみるようにした。そんな中で、一番気に入った場所というのができた。それがジョナサン日野南平店だった。

    そこからぼくはジョナサン日野南平店に通うようになった。通っていると、当たり前だが12時前後のお昼時は混むと言うことが
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。