• このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ大谷翔平くんの活躍を素直に喜べないのか?(1,619字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なぜ大谷翔平くんの活躍を素直に喜べないのか?(1,619字)

2021-11-26 06:00
    大谷翔平くん(なぜか「くん付け」がしっくりくる)がMVPを獲得したが、ぼくは複雑な気持ちにさせられた。なぜなら、ぼくはまさに彼の活躍をきっかけに、自分の中に新しい価値観が萌芽していることに気づいたからだ。

    というのも、彼の活躍を素直に喜べないぼくがいるのだ。なぜかというと、理由は一つで彼の遺伝子が恵まれていることによる。彼は、野球選手として類い希なる先天的才能を有している。そのことに、ぼくは複雑な気持ちにさせられるのだ。

    なぜ複雑な気持ちにさせられるかというと、それは現代の「差別」につながるからだ。才能のある大谷くんを褒め称えるのは、才能のない他の選手をけなすのと一緒である。それで、大谷くんを素直に褒められない。

    この論理はしかし、まだ多くの人には理解してもらえない。なぜなら、けなすことは誰かを傷つけるので良くないが、褒めるのは誰も傷つけないのでいいではないか、と考える人が多いからだ。

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。