• このエントリーをはてなブックマークに追加
新しい概念「HTEVサイクル」について(1,777字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新しい概念「HTEVサイクル」について(1,777字)

2022-05-19 06:00
    先日noteに書いた記事


    がまあまあバズったので、今回はその続きをここで書いてみたい。それは、「どうしたら自分の才能(得意分野)が見つかるか?」ということだ。

    おそらく、才能の中でも最も重要なのは継続して取り組む才能であろう。イチローも大谷翔平も、継続して野球に取り組む才能がある。その逆に、大成しない選手にはその力がない。その差はどこから来るのか?

    その根底には「好奇心」の存在がある。イチローも大谷も、野球に対する好奇心が持続しているから継続して取り組む。好奇心を満たすことが苦しさを上回るから、継続して取り組めるのだ。

    そうなると、継続して取り組む力は「面白がる力」ということもできよう。
    では、「面白がる力」はどこから生まれてくるのか?

    そもそも、面白いとは何か?
    それは、脳内麻薬が分泌されることの快感である。そして、人
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。