• このエントリーをはてなブックマークに追加
令和日本経済の行方:その2(1,646字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

令和日本経済の行方:その2(1,646字)

2022-06-28 06:00
    老齢になっても稼ぎ続けられるポジション。それは有り体にいってひとつしかない。経営者である。

    これからの時代は、雇用者が圧倒的に不利になっていく。それに反比例して、経営者が有利になっていく。だから、経営者になるしか生き残る道はないのだ。

    では、どのような経営者になればいいのか?
    それ以前に、そもそも「経営者」とは何か? その定義は?

    経営者の定義は、ここでは「マーケットに対して何かの物品やサービスを提供できる立場を有する」ということにしたい。だから、必ずしも会社の経営者である必要はなく、個人事業主であってもいい。

    ただし、そうなると会社・個人事業主いずれの場合でも「他の企業の下請け」は経営者とは言いがたい。なぜなら、それは「マーケット相手」ではないからだ。そのため、その取引企業との隷属関係になってしまう。

    これでは、会社員と一緒である。だいじなのは、誰かの隷属関係ではなく、マーケットと直取引
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。