• このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ生産方式について考える:その31(2,169字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

トヨタ生産方式について考える:その31(2,169字)

2022-08-12 06:00
    トヨタ生産方式最大の謎は、「なぜそれがトヨタに根づいたのか?」ということである。そのことの直接的な答えは「大野耐一がいたから」や「大野耐一がそれを根づかせたから」ということになるのだが、では、大野耐一はなぜトヨタ生産方式をトヨタに根づかせることができたのか? これは、答えるのがとても難しい問いだ。

    トヨタ生産方式は、その理論や仕組み、あるいはカンバンやアンドンなどの具体的なアイデアなら、理解が比較的容易だ。しかし、それを実践するとなると、「言うは易く行うは難し」で、とても大変なのである。

    しかしトヨタは、これを実行し、実現した。大野耐一が、それを成し遂げた。彼が、たった一人でトヨタ生産方式という実行が極めて難しい生産方式――マネジメントを、トヨタに完全に根づかせることに成功したのだ。

    ところで、この動画を見てほしい。

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。