• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガのはじまり:その8(1,334字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガのはじまり:その8(1,334字)

2022-11-28 06:00
    欧米では、産業革命に伴って新聞も発展した。それまで上流階級向けだったのが一般向けになった。新聞が大衆化された。

    大衆化されると、中心的な読者はいわゆる「労働者階級」になった。そして、この頃の労働者には、常に資本家や政治家に対する不平や不満があった。

    だから、その憂さを晴らす必要があった。ガス抜きが必要であった。そうして新聞は、自然とそのガス抜きの役割を果たすようになるのだ。労働者たちは、憂さを晴らすために新聞を読むようになっていった。

    そのため、新聞の中でも「風刺画」の役割が増した。風刺画の社会的地位が高まった。風刺画の人気がより一層高まったのだ。

    なぜかというと、労働者の一部は、まだそれほど知的に洗練されていない「非知識階級」だった。そういう人々は、小難しい文章を苦手としていた。その分、絵が好きになった。彼らは、戯画化された資本家や政治家の顔に夢中になった。それを見て笑い、憂さを晴らして
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。