• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

競争考:その31「自分への圧のかけ方」(2,199字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

競争考:その31「自分への圧のかけ方」(2,199字)

2014-11-25 06:00
  • 1
成長には「圧」が必要だ。
圧がないと、人は成長を図れない。

人間の器は、喩えていうなら「鉄製の容器」のようなものだ。鍛えて、引き延ばしてやると、容量がさらに広がる。つまり「器」が大きくなる。すると、さらに多くのものを吸収できるようになって、成長へとつながるのだ。

成長しない人は、この「鍛え、引き延ばす」という行為をしない。熱いカナヅチでカンカン叩いたり、ペンチでもってギューと引き延ばしたりしないのである。
そのため、器が小さいままだ。成長しない人というのは、子供のままの器しか持っていない。だから、持てる能力が限られている。それで、自然と競争に負けてしまうのだ。
勝てる人は、器が大きい。いろんな武器を持っている。これまで鍛えてきたので、大きくなっているのだ。キャパシティが増えたのである。

だから、成長するためには己を鍛える必要がある。文字通り、熱いカナヅチでカンカン叩いたり、ペンチでギューと引き延ばした
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
スケボーも転ばないと上手くならないと言うことでしょうか。
59ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。