• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ヘヤカツ流不動産投資術その26「リノベーションの価値」(2,555字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヘヤカツ流不動産投資術その26「リノベーションの価値」(2,555字)

2014-11-27 06:00

     今回は、リノベーションをすることによって生まれる「価値」について考える。

     近年、不動産業界に限らず、多くの日本人が直面する問題の一つが「人口減少」だ。「人口減少」の何が問題かといえば、一番は「顧客が減ることによる需要の減」だ。これは、不動産業界をも直撃する。
     単純に考えても、日本はこれまで一億三千万人が暮らせるように制度設計されていた。言い換えれば、一億三千人分の「住むところ」があった。
     ところが、これが一億人まで減ったら、約三千万人分の住むところが余ることになる。割合にしていえば、約四分の一の住むところが必要なくなるのだ。
     このインパクトは大きい。これによって、売買価格や賃貸価格を下げざるを得ない不動産は多数生まれるだろうし、多くの不動産業者の経営が立ち行かなくなることも予想される。
     そういう意味で、これからの不動産業界は「競争の激化」というものが避けられないのだ。

    「ヘヤカツ流不動産投
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。