• このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ憲法を変えない方がいいのか?(2,193字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なぜ憲法を変えない方がいいのか?(2,193字)

2015-07-06 06:00
    近頃は憲法改正の論議が喧しい。が、ぼくは憲法改正には基本的に反対だ。九条は九条のままの方がいいと思っている。
    その理路を以下に説明する。


    憲法九条に反対する人は、それが「GHQから与えられたものだから反対する」という。「外国から与えられたものだから、価値がない」と。「これだと日本はいつまでも敗戦国のままだ」という。

    このロジックは、「日本という国体を信奉するあらゆる人」にとって非常に強力だ。だから、いつかは多くの日本人がこれに説得されるだろう。
    このロジックに打ち勝つには、それを超えるロジックを構築しなければならない。ただそのロジックは、なかなか多くの人が納得しがたいものになるだろう。なぜならそれは、非常に理解が難しいからだ。

    どういうロジックかといえば、「そもそも国体というのは『考え方』の一つに過ぎない」というロジックである。「国体よりも重要なことがある。それは『人が生きる』ということだ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。