• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

第247回 「あの人実は」「あの人やっぱり」のウラガワ(1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第247回 「あの人実は」「あの人やっぱり」のウラガワ(1)

2020-05-29 23:15

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第247回 「あの人実は」「あの人やっぱり」のウラガワ(1)

    ◆もくじ◆

    ・「あの人実は」「あの人やっぱり」のウラガワ(1)

    ・最近の志麻子さん 
     『凶鳴怪談』が竹書房から発売
     『業苦 忌まわ昔(弐)』が角川ホラー文庫から6月に発売予定
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中

     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    「あの人って、実はそういう人だったんだ」「あの人、やっぱり変わってなかった」他人への評価や気持ちも揺れる季節の変わり目。
    暖かくも冷ややかな5月、安堵と失望にまみれたエピソードをお届け。

    風俗嬢やAV女優の過去を活かし、今はマスコミ業界や芸能界の裏方で働いている浅見さん(仮名)。
    彼女と距離を置こうかなと岩井さんが思ったのは、何年か前の誕生会だった……。

     

    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~18年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2019年1月「去年に縁があったあれこれのウラガワ
    2月「台湾で初めて会った人たちのウラガワ
    3月「胸に引っかかる人を思う春のウラガワ
    4月「こういう人いるよねという出会いのウラガワ
    5月「働くということについて考えたウラガワ
    6月「私なりのプロファイリングをしてみたウラガワ
    7月「芸事業界の人たちの願いごとのウラガワ
    8月「怖さひかえめな怖い話のウラガワ
    9月「まだ挽回できるかどうか気になるウラガワ
    10月「なぜか惹かれる未解決事件のウラガワ
    11月「今頃になってわかってきた出来事のウラガワ
    12月「とりあえず終えたかな、というウラガワ
    2020年1月「愛しい南国の怖い話のウラガワ
    2月「ひきつづき東南アジアの怖い話のウラガワ
    3月「どこか心残りの別れのウラガワ
    4月「未経験な世の中のあれこれのウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     五月って、卒業や進学、就職、それに伴う引っ越しなども一段落し、気候も相まって最もさわやかな季節のイメージがある。だけど五月病なんて言葉もあるように、季節の変わり目でもあり、なんとなく不安定、不穏な何かも漂う。

     春の終わりの雰囲気と、夏の初めの気配。春であり、夏であり。春でなく、夏でなく。
    「あの人って、実はそういう人だったんだ」という驚きは、うれしいものも嫌なものもある。「あの人、やっぱり変わってなかった」という感慨も、安堵にも失望にもなる。

     五月に限らず、他人への評価や気持ちは揺れ、前の季節を引きずりながらも新たな季節を迎える。暖かくも冷ややかな五月の風に吹かれながら、それらを書いてみたい。

     毎度のことではあるが、最初におことわりしておく。全編に渡って登場人物はすべて仮名で、その背景などにも個人特定をされないよう、微妙に脚色や変更を加えてある。

                        ※

     浅見さんは、過去に風俗嬢をしていたことも、AVに出演していたことも隠してはいない。そういった経験を活かし、今はマスコミ業界や芸能界の裏方で働いている。

     構成作家の手伝いとして企画会議にも出るし、番組に出演してくれそうな子を探してきて交渉したり紹介したり、マネージャーやADの代わりを努めるときもある。ときには自分自身が執筆し、出演し、インタビューされる側になる。

     気さくでおもしろいし、仕事を離れて飲みに行くようにもなった。彼女の過去は、「それがあったから、今の彼女がいるんだな」というものでしかなかった。私はAVや風俗は、犯罪にならない限りは存在してほしい世界だ。

     私は風俗嬢とAV女優の経験はないが、AV監督をしたことがあり、現場の人に取材し、AVや風俗ではない所で共演することは少なくない。いかがわしい世界じゃありません!ではなく、いかがわしさが魅力なのだと思っている。

     今はホリプロに所属しているが、フリーだったとき雇っていたマネージャーL美も、年季の入った風俗嬢だった。初めての風俗以外の仕事が、私のマネージャーだったのだ。
     L美はマネージャーとしてはポンコツでしかなかったが、彼女から聞いた生々しい風俗業界の話は大変な学びとなった。

     さて、浅見さんだが。仲よくなっていく過程で、よくない噂、評判も聞いてはいた。売り込みに必死になるあまり、話を盛りすぎる。いや、完全に嘘をつくことがある、と。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。