• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

第252回 アマビエ的なものや人のウラガワ(3)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第252回 アマビエ的なものや人のウラガワ(3)

2020-06-30 22:30

    オンナのウラガワ ~名器大作戦~
    第252回 アマビエ的なものや人のウラガワ(3)

    ◆もくじ◆

    ・アマビエ的なものや人のウラガワ(3)

    ・最近の志麻子さん 
     『凶鳴怪談』が竹書房から発売
     『業苦 忌まわ昔(弐)』が角川ホラー文庫から発売
     TV「有吉反省会」にヒョウ姿でひきつづき出演中

     「岩井志麻子のおんな欲」連載中
     カドカワ・ミニッツブック版「オンナのウラガワ」配信中
     MXTV「5時に夢中!」レギュラー出演中

    ・著者プロフィール

    ===

    ネット上で大きなブームとなった「アマビエ」。
    絵姿を見せろというだけで、見せたら感染が止む、治る、とは一言もいっていない。

    具体的なことはごまかしほのめかすだけという、
    アマビエ的なものは、このところ蔓延しているような。

    でも、得体の知れない妖怪にも、すがりつきたくなることもあるもの。
    美女の画像をツイッターのアイコンにしていた、岡山の知り合いの幸村くん(仮名)は……。
    そしてシンガポールでの「アマビエ的なるもの」は。


    バックナンバーはこちらから↓
    http://ch.nicovideo.jp/iwaishimako/blomaga

    2014年11月~18年12月のバックナンバーは、「月別アーカイブ」の欄からご覧ください。
    2019年1月「去年に縁があったあれこれのウラガワ
    2月「台湾で初めて会った人たちのウラガワ
    3月「胸に引っかかる人を思う春のウラガワ
    4月「こういう人いるよねという出会いのウラガワ
    5月「働くということについて考えたウラガワ
    6月「私なりのプロファイリングをしてみたウラガワ
    7月「芸事業界の人たちの願いごとのウラガワ
    8月「怖さひかえめな怖い話のウラガワ
    9月「まだ挽回できるかどうか気になるウラガワ
    10月「なぜか惹かれる未解決事件のウラガワ
    11月「今頃になってわかってきた出来事のウラガワ
    12月「とりあえず終えたかな、というウラガワ
    2020年1月「愛しい南国の怖い話のウラガワ
    2月「ひきつづき東南アジアの怖い話のウラガワ
    3月「どこか心残りの別れのウラガワ
    4月「未経験な世の中のあれこれのウラガワ
    5月「「あの人実は」「あの人やっぱり」のウラガワ


    ※2014年10月以前のバックナンバーをご購入希望の方は、本メルマガ下部記載の担当者までお知らせください。リストは下記です。

    2013年7月~12月 名器手術のウラガワ/エロ界の“あきらめの悪さ”のウラガワ/エロとホラーと風俗嬢のウラガワ/風俗店のパーティーで聞いたウラガワ/エロ話のつもりが怖い話なウラガワ/風俗店の決起集会のウラガワ
    2014年1月~10月 ベトナムはホーチミンでのウラガワ/ベトナムの愛人のウラガワ/永遠のつかの間のウラガワ ~韓国の夫、ベトナムの愛人~/浮気夫を追いかけて行ったソウルでのウラガワ/韓国の絶倫男とのウラガワ​/ソウルの新愛人のウラガワ​/風俗嬢の順位競争のウラガワ​/夏本番! 怪談エピソードの数々のウラガワ​/「大人の夏休みの日記」なウラガワ​/その道のプロな男たちのウラガワ​

    ===

     私の感覚としては、二月になってから深刻な騒ぎとなった新型肺炎。六月になっても完全に収束しないなんて、あの頃は夢にも思わなかった。

     みんな一生懸命に、蔓延を食い止めようとした。医療や政府や周囲の人にも頼るが、妙なものにも頼ろうとした。

     江戸時代からいたらしいが、突如として脚光を浴びた謎の妖怪、って、すべての妖怪は謎だけど、ことに謎めいて感じられたアマビエだ。
     仲良しの漫画家、西原理恵子ちゃんが落書きしたようにも見える、魚のおばけ、人と魚の合体、あまり色っぽくない人魚、みたいなルックス。
     疫病が流行ったら、私の姿を描いて皆に見せよ。といって、海だか川だかに消えたという。猛烈な勢いでアマビエの絵はネットを駆け巡り、様々なグッズが作られた。

     しかし、よく読めばアマビエったら、思わせぶりというか、無責任というか。絵姿を見せろというだけで、見せたら感染が止む、治る、とは一言もいってないのだよ。

     いやほんま、アマビエ的なものや人は、コロナウィルスほどではないが蔓延してないか。具体的なことはごまかし、ほのめかすだけ、というか。
     期待だけ持たせて、後は知らないよ~、あんたが勘違いしただけ、と逃げるとか。

     でも得体の知れない妖怪だろうが、すがりたくなる、信じたくなるときはあるよね。
     怪しげだからこそ、だまされるってこともあるし。アマビエで心がちょっとでも浮き立ったり、気がまぎれたら、それでいいじゃないか、とも思えるし。

     という、アマビエ的なものや人について考えてみる六月。新型肺炎が六月にはすべて終わり、アマビエがいるかもしれない海や川に遊びに行きたいな、と願いを込めてみる。

                        ※

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。