• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • MEGA地震予測 2020年1月29日発行

    2020-01-29 16:00  
    44pt
    週刊MEGA地震予測

    2020年1月29日発行(Vol.20,No.5)
    地震予測サマリ-

    〇警戒レベルアップ地域 北海道釧路・根室・えりも周辺:要注意→要警戒 〇警戒レベルダウン地域 なし  

    記事を読む»

  • MEGA地震予測 2020年1月22日発行

    2020-01-22 16:00  
    44pt
    週刊MEGA地震予測

    2020年1月22日発行(Vol.20,No.4)
    地震予測サマリ-

    〇今週の使用データ ・速報解データ(1月12日~1月18日):週間高さ変動、水平変動図、隆起沈降図に使用。 〇今週の注目ポイント ・全国的に静穏状態です。 大きな地震の前には静穏状態になることがあります。注意が必要です。 特に要警戒の3エリアは警戒してください。要注意、要注視のエリアでも地震が起きる可能性はあります。 ・4cm以上の週間高さ変動はありませんでした。 ・隆起・沈降は全国的にわずかに沈降傾向ですがほぼ静穏です。 ・水平変動は北海道十勝地方および日高地方周辺および東北地方で活発です。 その他のエリアはわずかな水平変動が散見されますが、静穏と言ってよいでしょう。 〇要警戒 (震度5以上の地震が発生する可能性が非常に高い) 東北地方・北関東 関東地方周辺 九州南部 〇要注意 (震度5

    記事を読む»

  • MEGA地震予測 2020年1月15日発行

    2020-01-15 16:00  
    44pt
    週刊MEGA地震予測

    2020年1月15日発行(Vol.20,No.3)
    地震予測サマリ-

    〇今週の使用データ ・速報解データ(1月5日~1月11日):週間高さ変動、水平変動図、隆起沈降図に使用。 〇今週の注目ポイント ・4cm以上の週間高さ変動は合計7点ありました。 6cm以上の大きな週間高さ変動が北海道東部の「羅臼」および秋田県の「西仙北」に出ました。 ・隆起・沈降は全国的に隆起と沈降がほぼ相半ばしています。 ・水平変動は東北地方、新潟県、九州南部、南西諸島が活発です。 北海道全域にわたって南西、南南西または南方向の水平変動がまばらに見られます。 〇要警戒 (震度5以上の地震が発生する可能性が非常に高い) 東北地方・北関東 関東地方周辺 九州南部 〇要注意 (震度5以上の地震が発生する可能性が高い) 北海道釧路・根室周辺 北海道道南・えりも・青森県周辺 北信越地方・岐阜県 南

    記事を読む»

  • MEGA地震予測 2020年1月8日発行

    2020-01-08 16:00  
    44pt
    週刊MEGA地震予測

    2020年1月8日発行(Vol.20,No.2)
    地震予測サマリ-

    〇今週の使用データ ・速報解データ(12月29日~1月4日):週間高さ変動、水平変動図、隆起沈降図に使用。 〇今週の注目ポイント ・4cm以上の週間高さ変動は合計7点ありました。 先週に続き小笠原諸島の「硫黄島1」に4cm以上の週間高さ変動が現れました。 最近小笠原諸島は変動が激しく不安定ですので首都圏を含む太平洋岸周辺は十分に警戒してください。 1月3日には千葉県東方沖地震(M5.9、震度4)が起きました。 ・隆起・沈降は全国的に隆起と沈降が相半ばしています。 ・水平変動は東北地方が活発な以外、北海道釧路・根室周辺に南西方向の水平変動が見られる程度で他の地域は静穏です。 〇要警戒 (震度5以上の地震が発生する可能性が非常に高い) 東北地方・北関東 関東地方周辺 九州南部 〇要注意 (震度5以

    記事を読む»

  • MEGA地震予測 2020年1月1日発行

    2020-01-01 16:00  
    44pt
    週刊MEGA地震予測

    2020年1月1日発行(Vol.20,No.1)
    地震予測サマリ-

    ご挨拶 新年あけましておめでとうございます。 旧年中はご支援いただきありがとうございました。 心より感謝申し上げます。 本年も昨年に引き続き技術革新に邁進する所存でございます。 更により精度の高い地震予測をご提供できますよう、鋭意努力いたします。 何とぞ一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 JESEA 代表取締役社長 橘田寿宏 JESEA 取締役会長 東京大学名誉教授 村井俊治 〇今週の使用データ ・速報解データ(12月22日~12月28日):週間高さ変動、水平変動図、隆起沈降図に使用。 〇今週の注目ポイント ・前回、週間高さ変動、水平変動がこれまでにないほど静穏でした。 静穏状態の後に大きな地震が発生した事例は多数あるため警戒を怠らないでください。 ・4cm以上の週間高さ変動は

    記事を読む»