• このエントリーをはてなブックマークに追加
【NAGAの欠陥】最強AIは手出しツモ切りを全く見ない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【NAGAの欠陥】最強AIは手出しツモ切りを全く見ない

2021-09-16 13:30
    bb281999095197b5f409376cd43e530f146188fb

    下家が六萬:麻雀王国をチーして六索:麻雀王国を打ったシーンです。

    68e8b7843fc819f14dd75b6ded1eabfde4e72319

    対面と上家はツモ切りでした。
    牌の下に伸びている棒グラフを見て下さい。

    上家が青、下家が緑、対面が黄色
    伸びているグラフはそれぞれに対する危険度です。

    54066cf0318cde81dfca8440f0230bc2f1a6c62b

    左は下家が打六索:麻雀王国時の画像
    右は自分がツモ七索:麻雀王国時の画像です。

    対面、上家はツモ切りだったにもかかわらず
    対面(黄)上家(青)に対する六索:麻雀王国の危険度が上がっています

    d3ab467fddf864e381796f2b08cd7a99a9bca8b5

    このシーンも見てください。

    4f70fb6256585ff41e673c1fa3b7334966461617

    対面は上家、下家が四筒:麻雀王国を打った後もツモ切りだったのに
    今この瞬間は、なぜか四筒:麻雀王国に対する危険度が上がっています。

    NAGAの危険度予測は極めて曖昧

    この記事でも書きましたが
    NAGAは相手の手役を全く読みませんし

    手出し、ツモ切りによって判断を変えないので
    既に通っている牌でも、危険と判断することがあります。

    4bc8c61182fd92f3f54af26e23966f72f3eae53c

    下家にソーズが危険と漠然と判断しているので、一索:麻雀王国が、
    完全安全牌であるにもかかわらず、ほんの少しグラフが伸びていますね。

    機械学習とは

    NAGAの場合でいえば、鳳凰卓の牌譜か
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2021/10/22
      打牌選択は議論されるべきなのか?
    • 2021/12/31
      Mリーグランキングメモ
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。