• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【No.57】迷走する汚染水処理と、変わらぬ東電の姿勢に気分が沈む
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【No.57】迷走する汚染水処理と、変わらぬ東電の姿勢に気分が沈む

2018-10-02 17:10
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    木野龍逸の「ニッポン・リークス」
                       2018/10/2(No.57)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【No.57】迷走する汚染水処理と、変わらぬ東電の姿勢に気分が沈む
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    福島第一原発事故トピック
    【No.57】迷走する汚染水処理と、変わらぬ東電の情報非公開姿勢

    <迷走する汚染水の処理方針>

     福島第一原発で発生し続ける汚染水を多核種除去設備(ALPS)で処理した後の、トリチウム水の扱いに関する議論が迷走している。冒頭から指摘しておきたいが、トリチウム水という呼称は東電や政府が使っているが、1リットルあたり数十万~数百万ベクレルのトリチウムが含まれる水を、食塩水と同じようなニュアンスでトリチウム水と
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。