• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週刊金融日記 第454号 コロナ禍で後退した開国派は新センター試験(共通テスト)の英語で一矢報いた、菅内閣の支持率下げ止まらず、レストラン紹介コーナーは自粛中、所長はどれぐらいコロナを気にしていますか、他
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週刊金融日記 第454号 コロナ禍で後退した開国派は新センター試験(共通テスト)の英語で一矢報いた、菅内閣の支持率下げ止まらず、レストラン紹介コーナーは自粛中、所長はどれぐらいコロナを気にしていますか、他

2021-01-20 06:33
    // 週刊金融日記
    // 2021年1月20日 第454号
    // コロナ禍で後退した開国派は新センター試験(共通テスト)の英語で一矢報いた
    // 菅内閣の支持率下げ止まらず
    // レストラン紹介コーナーは自粛中
    // 所長はどれぐらいコロナを気にしていますか
    // 他

     こんにちは。藤沢数希です。
     東京は緊急事態宣言でほとんどのお店が夜の八時には閉まってしまいますし、大企業はWFHにかなりなっているので、だいぶ静かになっていますね。冬の新型コロナウイルスは手強いです。
     菅首相は本音では、コロナはただの風邪、と思っているのではないか、ということを第451号に書いたのですが、以下の記事を読むと菅首相の思考回路がさらによくわかります。

    ●総理官邸が陥っている「認知バイアス」が国民の命を危険にさらす 香山リカ
    https://note.com/nn1718/n/nbc6073b5b0d6

     こ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。