• このエントリーをはてなブックマークに追加
「蛍」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「蛍」

2019-06-17 07:00
     繰り返す穀雨と梅雨晴れが夏野菜を育ててくれる。と同時に、激しい雨と灼けつく陽射しは地獄の底まで届くような地下茎のスギナやハマスゲ、メヒシバやブタクサなどのいわゆる雑草も繁殖させてしまう。使っているのは土壌には優しいが即効性は弱い有機肥料だ。直ちに抜かないとせっかくの栄養分がこれらの草に搾取されて肝心の夏野菜が実をつけてくれない。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。