• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

国境なき記者団の報道の自由度世界ランキング、本年は日本72位。8月20日高江ヘリパット取材の沖縄記者を強制的に排除、警察に拘束。この問題を「記者団」取り上げ。大手メディア何故報道しないのか。なんとNHKは報道。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

国境なき記者団の報道の自由度世界ランキング、本年は日本72位。8月20日高江ヘリパット取材の沖縄記者を強制的に排除、警察に拘束。この問題を「記者団」取り上げ。大手メディア何故報道しないのか。なんとNHKは報道。

2016-10-26 08:01
  • 1

  


日本の報道の自由度は、多くの人の思っているより、危機的状況にある。

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は4月20日、世界各国の報道自由度ランキングを発表した。日本は特定秘密保護法などの影響で「自己検閲の状況に陥っている」として、前年の61位から72位に大幅に順位を下げた。ここが今、沖縄に対し懸念を表明している。

A-1事実関係1025NHKは「国境なき記者団」 沖縄で報道の自由脅かされたと声明、次を報じた。

「際的なジャーナリスト団体「国境なき記者団」は、ことし8月、沖縄でアメリカ軍施設の建設に抗議する人たちを現場で取材していた記者が警察に移動させられ、一時、取材ができなくなったことなどについて、「沖縄での報道の自由が脅かされた」とする声明を出しました。

声明は、パリに本部を置く国際的なジャーナリスト団体「国境なき記者団」が23日に出し

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
沖縄高江で何が起きているか。抗議する市民、取材し報道しようとする記者に対する不当な拘束であり、取材制限である。

体制の方針に反対するものを弾圧するだけでなく、弾圧そのものを知らしめない、すなわち、無いことにしようとする強権的政府政権は、国民を体制方向に誘導しようとする圧制政治そのものである。国民主権民主主義に対する憲法違反行為であり、為政者が自ら憲法を形骸化しようとしているとみなすべきでしょう。社会的破壊行為でなく、国民が国民の権利を主張しようとすることを、権力で抑えようというのは、正常な民主主義国家の姿とは程遠い。
34ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。