• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

北朝鮮の核兵器に対する米国国内の危機感
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北朝鮮の核兵器に対する米国国内の危機感

2013-02-20 23:14
  • 2

米国国内における北朝鮮の核兵器に対する危機感が増大している。
 2月18日付PEWは次の世論調査を発表している。
 「次の物に対し、「critical threat(致命的脅威)とみなす者の%
 北朝鮮の核兵器開発―83%
 イランの核兵器開発―83%
 国際的テロリズムー81%
 イスラム原理主義―53%
 中国の経済力―52%
 中国の軍事力―51%
 イスラエル・パレスチナ間紛争―44%
 ロシアの軍事力―29%
 インド・パキスタン間の紛争―25%」
 「北朝鮮の核兵器開発―83%」ということは、当面米国の外交安全保障政策がこの問題を重視した形で動くことを示唆している。

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
「日本の経済力」が跡形もなく消えてますね・・。
悲しいことですな。
79ヶ月前
×
米国内の有色人種の増大化、即ち白人種の相対的な少数化に対する「脅威」と言うものは無いのでしょうか?それとも今やその種の論議はタブー化しているのでしょうか?初の黒人大統領の現出は人種差別を超越したとする見方もできますが、つい近年までWASP(白人・アングロサクソン・プロテスタント)と言う選別思想が根底にあったと理解していたのですが…。
79ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。