• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

読売世論調査ですら、安倍首相支持率下落。持率は43%、不支持率は46%。支持率は前回9月8~10日の50%より急落。もう安倍首相人気が浮上することはない。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

読売世論調査ですら、安倍首相支持率下落。持率は43%、不支持率は46%。支持率は前回9月8~10日の50%より急落。もう安倍首相人気が浮上することはない。

2017-09-30 08:39
  • 4

A:事実関係

読売新聞社が衆院解散直後の28日夕から29日にかけて行った緊急全国世論調査で、衆院比例選での投票先は自民党が34%で最も多く、希望の党が19%で続いた。

このほか、公明党6%、共産党5%などの順だった。

安倍内閣の。持率は43%で、前回調査(9月8~10日)の50%から7ポイント下落した。不支持率は46%(前回39%)だった。

B:評価

安倍首相は28日夕、衆院解散を受けて首相官邸で記者団の取材に応じた際、「この選挙はいかにして日本を守り抜くのか、国民の生命と財産、幸せな国を守り抜くのかを問う選挙だ。そして、急速に進む少子高齢化の中でいかに子どもたちの未来を切り開いていくかを問う選挙だ。北朝鮮の脅威、少子化。この国難を国民の信を得て乗り越えていかなければならないと判断して衆院を解散した。誠実に愚直に具体的な政策を訴えていきたい」と現状を「国難」と評し、

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
小池新党は、安保法を支持し、憲法改定を目指す政党と分かった。
これでは自民党と違いがない。第一自民党と第二自民党の争いなんて、国民には興味のない話しだ。
小池百合子が総理を目指そうなんてスケベ根性を出して立候補したら、都民を中心に「無責任」と批判され、信頼を喪失してほとんどが落選する「失望の党」に変わってしまうだろう。
自分に代わって多くの国民が「首相適任者」と認める人物を引き込むことが必要だが、それには自民党に手を突っ込まなくてはなるまい。だが安倍政権の先が見えてきたこの時点で、説得に応じる者がいるかどうか。
もしかしたら小沢一郎を首相にするか?。
30ヶ月前
userPhoto
p_f
×
> 5:いずれにせよ暗い時代が前に待っている。

若い人 主体で「絶望党」でも立ち上げたら、けっこう票が伸びるのでないか。
30ヶ月前
×
安易に「若い人」に頼らないで、みずから党を立ち上げたり、でなければみずからデモの一つでもしたらどうかとおもいます。

どういう「若い人」像を描いていらっしゃるのか知りませんが、「若い人」が絶望してるのは、たとえば、そこそこ稼いだとしても、その給料の中の社会保険料(年金保険料・健康保険料)の負担の大きさですよ。さらに消費税が加わる。金利もあがってきそうな情勢だし、まずは年金支給は75歳から、後期高齢者でも医療費介護費の3割負担を実現し、さらに老人福祉は同世代の資金(そこそこ裕福な高齢者からまんべんなく徴税する)でやって、国債発行額を減らして欲しいものです。

これで北朝鮮が核をもったら、軍事負担がますます増えて、結局は税金にはねかえりますから、その点でも北朝鮮が核をもつのは反対ですね。そういう正論をなんでサヨクがいわないのか、本当に不思議です。
30ヶ月前
×
今回の民進解党劇は、小池・前原の天才的なペテン技もさることながら、民進リベラル議員のいい加減さ・センスの無さに愕然とする。また、小沢氏に役回りにも唖然とする。民進リベラル議員については、組織の大勢に従っていれば身を守れると安心し、金も組織も失うとは、なんともだらしない話である。いかに、当選後今まで、巨額の公費を使い気ままに過ごしてきたかが判る。日々の生活に呻吟する庶民の喘ぎを目にしなかったのだろう。前原の動きに、全く警戒心は湧かなかったのだろうか?巧言令色仁無しと言うけれど、政治の世界で過ごしてきている割には、民進リベラル議員は集団で詐欺にあったようなものだ。まだ夢うつつかも?
でも、これは、民進リベラル議員だけの話ではない。権力に対する警戒感のなさは、日本国民の特徴でもある気がする。特に、もう、マスコミが真実を伝えない。嘘と欺瞞しか伝えない。権力に作られた情報ばかり、ラウドスピーカで毎日流される。どこの国だったけ、ここは? としたくはないものだ!!
30ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。