• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

価格統制の廃止、資本市場の規制緩和、貿易障壁縮小」を謡い、経済成長を行い、恩恵は 最貧層を含め全ての者に滴り落ちると約束の新自由主義は欺瞞。レーガン(日本では中曽根) 時代から勢い。今、その壮大な欺瞞の政治的ツケ。ノーベル経済学賞スティグリッツの論。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

価格統制の廃止、資本市場の規制緩和、貿易障壁縮小」を謡い、経済成長を行い、恩恵は 最貧層を含め全ての者に滴り落ちると約束の新自由主義は欺瞞。レーガン(日本では中曽根) 時代から勢い。今、その壮大な欺瞞の政治的ツケ。ノーベル経済学賞スティグリッツの論。

2019-12-02 07:42
  • 5

ジョセフ・Eスティグリッツ著『新自由主義の終焉と歴史の再生(The End of Neoliberalism and the Rebirth of History)』(Project Syndicate掲載)

注―1ジョセフ・ユージン・スティグリッツは1943年生まれ、経済学者、コロンビア大学教授。2001年にノーベル経済学賞を受賞。

注―2 新自由主義:最も一般的な意味は、「価格統制の廃止、資本市場の規制緩和、貿易障壁の縮小」などや、特に民営化と緊縮財政などの政府による経済への影響の削減などの経済改革政策である。この用語は複数の意味で使用されている。

 以下本文

・過去40年間、エリート達は新自由主義政策がより迅速な経済成長をもたらし、恩恵は最貧層を含め全ての者にトリクルダウン(滴り落ち)すると約束してきた。

証拠が集まるにつれ、エリートへの信頼と民主主義に対する信頼が急落するのに不

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
孫崎享のつぶやき
更新頻度: 不定期
最終更新日:2019-12-13 09:44
チャンネル月額: ¥110 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

×
ステイグリッツは素晴らしい。彼は宇沢弘文先生から学んだ制度資本主義者でもあるのだろう。新自由主義は終わっていると私は言いたい。

それでも、新自由主義の米国と同盟し中国、朝鮮を攻めようと勇んで、発情状態になっている日本人が多数いる。愚か者と言うしかない。

いや、まいったな。金正恩も外交部を通じて安倍氏を愚か者となじった。金正恩は言い過ぎだが、私のは言い過ぎではない。
1週間前
×
新自由主義の理解であるが、競争志向を正当化した市場原理主義の資本主義経済体制とみています。

節度無き資本の追及は、強者の論理であり、淘汰の論理であり,競技でいえばトーナメント方式であり、敗者復活の機会は極めて薄い。利益追求の競争者が次から次と消されていく。限られた者たちが謳歌する経済システムである。私は、このシステムが必ずしも悪いとは思っていなかった。多国籍企業が、米国・ロシア・中国・日本などの市場を支配するシステムが民間ベースで機能していけば、国の垣根を超えた経済によって、人の移動も国際的規模に広がるとみていた。

大きな問題は、新自由主義で国家が経済支配する方式を採用する形態が出てきた。その一つは、2015年12月25に発足したアジアインフラ投資銀行(AIIB)をを利用して、中国のシルクロード経済圏構想を打ち出したことである。他の一つは、政府補助金によってファーウエイなどによって通信分野支配を確立して、中国覇権国家構想が動き始めたことである。

多国籍企業を国家が支配する覇権国家が出てくれば、中小国家はひとたまりもない。その弊害が、債務の罠で苦しむ国家が出てきている。最近では、朝日の報道によると、スリランカ・ラジャパクサ空港は230億円で建設され、9割の210億円は中国輸出入銀行の融資であり、1千台の車が駐車できるという。現在の利用者は月に3人という笑えない事実を報道しているのです。

競争主義は問題があるのに、共産主義国家が覇権を目指せば、あらゆる軋轢が今後発生してくるのでしょう。英国はじめ西欧諸国が中国の覇権主義に気付き始めており、今後の動向に目がななせない。中国とロシアの接近も報道されており、新冷戦がはじまるのかもしれない。
1週間前
×
低能児と言ってますね。

多連装ロケットと弾道ミサイルの区別もつかない男と。

遠慮して言わなかっただけで、「立法府の長」だとか
漢字の読みが小学生並みということもあるのでは。

児でないことは確実ですから言い過ぎかもしれませんが
あとはだいたいそのとおりでしょう。
1週間前
×
>>2
中国は共産主義国家ではありません。新自由主義を導入し加工している新型の資本主義国家ですよ。ただ言えるのは、日本みたいに米国の言うことは何でも聞くそういう国で無いことは明らかです。

思い出すとぞっとする。中曽根は不沈空母日本列島を米のソ連との核戦争に提供することを高らかに宣言した。そして、小泉は何と「血を流せ」とアーミテッジに言われて、イラク戦争に参戦した。果して、安倍は対中国でどうするんだろう、「行け」と言われれば、行くんだろうか。貴殿みたいな中国嫌いが大勢志願して行くんだろうな、と、もう恐ろしくなりますよ。
1週間前
×
>>3
低能児でしたか。安倍と安倍ファンが余りにも愚かなのでついうっかり愚か者と言ってしまいました。でも、低能児のほうが適切のようです。
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。