• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

対中は対外政策上重要分野。留意点①輸出はGDPの大きさを決める重要要因、②今日購買力平価ベースで中国経済は米国より大、③当然、特別の力が働かない限り対中貿易は対米貿易より大。➃9月輸出対中1兆 3,417億円、対米1兆 1,953億円
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

対中は対外政策上重要分野。留意点①輸出はGDPの大きさを決める重要要因、②今日購買力平価ベースで中国経済は米国より大、③当然、特別の力が働かない限り対中貿易は対米貿易より大。➃9月輸出対中1兆 3,417億円、対米1兆 1,953億円

2020-10-21 07:03
  • 7

A-1 事実関係 
令和2年9月分貿易統計(速報)の概要
財務省より抜粋:伸率及び増加・減少は、断りなき場合は、対前年同月比による。
・輸出全体  金 額 6兆551億円4.9%
・対米輸出 1兆 1,953億円 + 0.7%
 (増加品目 自動車+ 19.1%、重電機器+ 30.1%、医薬品+ 22.2%・対EU輸出 5,541億円10.6%
・対中国輸出 1兆 3,417億円 +14.0%
A-2 ロイター報道「貿易収支、9月輸出は前年比4.9%減 米国向けが14カ月ぶりプラス」
9月の輸出は前年同月比4.9%減の6兆0551億円だった。米国向けの輸出が14カ月ぶりに前年同月比プラスに転じ、8月の14.8%減に比べて改善した。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は6750億円の黒字となった。
 併せて発表した2020年4―9月分の輸出は前期比19.2%減の30兆9114億円、輸入は同18.1%減の

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
中国型資本主義が米国型資本主義より優位に立っていることが孫崎先生ご提供の数字から読み取れますね。

経済とコロナは同棲、いや同居というべきか、は出来ません。勿論、均衡もあり得ません。ゼロサムなんです。

安倍/菅/小池体制は同居と均衡を求めたんでしょうが、中国の国家運営の成功で、同居と均衡は間違いだということを説明出来ましょう。日本の現体制が神道に偏り、社会科学と自然科学を軽視するとそういうことになるのです。米国のコロナ対応はもう先進国のそれではない。後進国のそれそのものです。米国、ブラジル、インドはコロナ地獄を求めてひたすら。笑うに笑えない。

米国は手遅れでも、日本は今からコロナ退治に取り組んでも遅くない。検査を徹底して陽性者を保護管理することに専心すれば、中国みたいにコロナ退治が可能でしょう。何故なら、中国人と同じく日本人も新モンゴロイドです。有史以前からコロナ系ウイルスに曝され続け抵抗力が付いているとの仮説があるのです。日銀が円を印刷して東京都民全員をテストしても陽性者の数は知れたものでしょう。CARE不能になること無い筈です。

安心と経済復活が実は同義語であることをこの際しっかり噛みしめることが不可欠です。

1ヶ月前
×
>>1
追記
中国型資本主義とは、私の受け止めだが、日本の1960年代から70年代の通産省の産業政策を原型にしたものです。日本は中曽根体制以降、ひたすら、米国のコロニーを目指して、来続け、菅氏でその完成を図ろうとするのだろうが、「未来」は無いと私は考えてます。
1ヶ月前
×
貿易のGDP寄与は輸出と輸入の差であって、輸出が多ければ、GDPが増えるということではない。輸入が増えないということは、国民が困窮し消費が停滞しているということの裏返しでもある。

米国と中國は全く異なった国であることが分かる。
米国は19年度輸入2,567,445に対して輸出は1,643,161で大幅な輸入増である。輸出より消費が盛んな国である。
一方中国は、輸入2,078,586に対して輸出は2,499,457であり大幅な輸出増である。国民の消費が極めて弱い国である。
日本は、輸入720,957に対して輸出は705,564であり輸出入がほぼ拮抗した貿易に強度に依存した国ではない。
日本と米国は消費に強く依存しており、中国は貿易に強く依存しているといえる。

日本の今後の動向は、中国で消費するものは中国で生産し、中国以外で消費するものは当事国で生産する、あるいは日本で生産するように、サプライチエインを編成しなおして行くべきでしょう。

米国向け貿易が持ち直しているのは、コロナ感染症を乗り越え始めている証でしょう。中国のような隠ぺい国家は無視して、日本は日本の感染症対策で乗り切るべきであるし、米国は米国の感染症対策で乗り切るべきでしょう。コロナとの戦いは長い戦いであり、一時期コロナを制覇したといっても、中国にように青島で感染者が12名ほどでたといって大騒ぎし、950万人PCR検査を実施したようだ。民度が低いから、強制的に全体検査を実施しているが、中国全土14億人に広がったら、米国を笑っているようなわけにいかなくなる。どこの国が一番コロナ対策をしたかは数年先にならないとわからない。
1ヶ月前
×
>>3
嫌い嫌いが高じるとそういう文章になるんですね。

あちらは仲良くしようと言ってるんですから、仲良くすればいいだけのことです。

中國を潰すのに躍起になっている米国の支配者たちには貴殿みたいな人は「初心で使いかっての易しい鉄砲玉」に仕立てられますよ。

ご用心下さい。
1ヶ月前
×
グローバリスト、新自由主義者、ディープステイト、ネオコン等の言い方があるが、少しずつ意味は違えど、実態としてはだいたい同じものをさしている。(ディープステイトというときはロックフェラー系を指すことが多いらしい。トランプはロスチャイルド系だそうだ)。

この人たちが、中国を発展させようと決めたので、中国が発展した。この人たちの補完的対応者たちが中国にいるということだ。そこをみないで、米国を批判したり、「中国の出てこない新自由主義批判本」をありがたがったり、「中国を呼び込んでも米国は出ていきませんよ」と申し上げてもいきなり「中国はなにも悪いことはしないよラララララ」と踊り始めるヒトビトがいる。

おめでたい限りである。
1ヶ月前
×
アビガンが臨床治験をへて10月16日に日本で承認申請された。このコメント欄でも、アビガンについては政府に手厳しい議論を繰り広げたかたがたもいたが、もはや話題にならない。これは、関心が薄れたというよりも、チャイナ肺炎についての議論はさまざまな点で本質的に難しく容易でない面があることが理解されてきたのだと思っている。広くチャイナ肺炎について、わたし自身もいろいろここに議論を書いたが、最近はその点を反省している。

検査についても、専門家である西浦氏(ただし当初に予測は大きく外した)と、厳密な意味での専門家ではないが高い知性の持ち主と考えられている本庶氏の意見が、つい最近(10月5日)になっても一致しない。
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/830556/
このふたりは専門的知見があるだけでなく、さまざまな情報をもっているであろう。そして何より、もはや世界はチャイナ肺炎についてたくさんの経験をした。それでも一致しないのである。やはりチャイナ肺炎についての議論はさまざまな点で本質的に難しく容易でないのだ。

その点から演繹的に考えて、わたしは中国がチャイナ肺炎制御に完全に成功しているなどとは、まったく考えていない。日本程度にはうまくいっている可能性はあるのかもしれない。
1ヶ月前
×
なお、上掲のサイトは、医師むけの会員限定サイトですが(わたし自身は友人の医師に教えてもらった)、少なくともわたしの環境では、「西浦 本庶 PCR」でグーグル検索すると、記事全文にいきつけます。多少長めの記事ですが、ご興味のあるかたは読むといいと思います(議論で話題になっていることは、3月4月ごろと本質的にはかわらないようにわたしにはおもえます)。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。