• このエントリーをはてなブックマークに追加
東京新聞社説「旧統一教会と政治 関係を断つ意志見えぬ」。共同通信社10、11日世論調査旧統一教会と自民党議員関係に「説明不足」が89・5%。その中政府は15日「個人の政治活動に関するもので、調査を行う必要はない」と閣議決定。聞く力の岸田首相??
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東京新聞社説「旧統一教会と政治 関係を断つ意志見えぬ」。共同通信社10、11日世論調査旧統一教会と自民党議員関係に「説明不足」が89・5%。その中政府は15日「個人の政治活動に関するもので、調査を行う必要はない」と閣議決定。聞く力の岸田首相??

2022-08-19 06:29
  • 7
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

> 国民は関係の明確化を望んでいる。

これは財務省赤木氏事件と同じことだ。「赤木氏を自死に追い込んだのは誰か?真相究明を!」と言ったところで、もう国民は皆とっくに知っている。大勢を占める民意は「奴をとっととブタ箱にぶち込め!罪を償わせろ!」でしかなかった。
「関係の明確化」も同じことだ。もう国民は皆「ズブズブだ」と知っている。「明確化」すべきは、「関係」などでなく、統一教会-自民党の「反モラル」「反社会」「反国民」的 犯罪行為の全容だろう。既に民意は「奴等に罪を償わせろ!即刻 日本から駆逐しろ!」でしかない。
しかし、マスコミが30年もタブーにしてきた「統一教会=勝共連合」問題が いきなり堰を切り出したのもヘンな話だ。
マスコミ報道が「霊感商法」「合同結婚式」等々の詐欺、気色悪さ に終始する一方、ネットでは統一教会=対日工作のロビー団体である実態が彼方此方で暴かれている。以下もその一つ、天木直人氏メルマガで知ったフリージャーナリスト・加治康男氏ブログの最新記事(2022/8/16)-

米が対日報復に燃えた90年代、日本を食い漁る統一教会、黙認の自民(2022/08/16)
https://yasuoy.com/news/米が対日憎悪に燃える中、日本は統一教会の資金/

No.1 1ヶ月前

統一教会?と話が進むと「ははーCIA」と私の頭がなってしまうのです。統一教会とCIAとの関係はCIAとマフィアとの関係と同じくとても深いものだと言うことを米国の善良なシチズンの殆どが常識として受け止めているものです。更に、民主主義の米国は表看板だけでその実質的な権力がCIAと軍産複合体によって牛耳られていることも米国民にはカマンセンスになってます。それを決定的にしたのがケネデイー兄弟の暗殺事件でした。

そして、今日の本題の在日統一教会(新旧とマスコミは使い分けているが全く同じもので分ける意味がない)と自民党との関係を考える場合、自民党とCIAとの関係がどうなの?を考えねばならないと私は思うんです。米国人の受け止めではCIAは米国の権力そのものと見られますから、米国に全く頭が上がらない自民党は統一教会を邪険に扱う訳には行かないでしょう。従って、自民党が統一教会に関して歯切れが悪くなるのは仕方ないということになるでしょう。米国と深く関係を持つと言うことはそういうことだと思うんです。

中国ロシアと米国の激しい対立の中で米国の実質的な植民地の日本の自民党が凌いでいくのは大変だと思うのです。その修羅に居ながら、しっかり9条を維持し、中国とは絶対戦争しないと心に決めて頑張って行けば、修羅は乗り切れると私は思います。何故なら、いましばらくすれば、CIAも統一教会も力を失くしますから。

No.3 1ヶ月前

統一教会と政治家の問題で、核心をついているのは、鳩山由紀夫氏ではないか。

7月にツイッターで「統一教会のイベントに出席したことも、祝電を出したこともあると関係を認めている。人々の心を救う宗教が逆に人々を経済的に追い込むのは言語道断。政治家が規制をかけるべきであり、どのように規制をかけるべきか具体策を提示すべきだ」といっている。

具体策として「政経分離に向かい合おう」といっておられる。

与野党政治家、マスコミ、評論家の一人として鳩山氏の発言に同調している人を見かけない。
自民党を血祭りにあげる事ばかり考えている人たちが多いが、日本に正論をはく人がいることに安堵している。

No.4 1ヶ月前

>>4
確かに自民党は中国とは政経分離。内政では、政教分離、憲法遵守に徹すべきですね。

靖国も統一教会も自民党は絶交すべきです。ただね、靖国との絶交は気合次第だが、統一教会はどうかな。

僕、最近になって、自民党を血祭りにあげなくなりました。日本外務省は中国と7時間も話し合ったし、サハリン2については復活を目指してますし、そうこうしているうちに、ゼレンスキーは自民党には縁遠くなっていきそうだし、「自民党、やるじゃん!」と思ってますよ。CHANGEさん。

No.5 1ヶ月前

>>4訂正
政経分離は政教分離の間違い

No.6 1ヶ月前

>>5
外相会談を一方的に破棄したり、日本の外相発言時に退席するなど
大人げない中国が外交的話し合いに出てきたのは歓迎すべきことです。

あなたの嬉しそうな顔が浮かびます。

ただ、本日の話題は、統一教会です。

No.7 1ヶ月前

>>7
安倍氏を暗殺した若者は安倍氏が統一教会と関係が深いと言うことが動機です。統一教会は反共闘争でCIAと共に北朝鮮や中国に対しての破壊工作に従事している訳です。ですから、日本政府もメデイアも民主主義への抵抗者として暗殺者を非難してました。米国でこのような事件が起これば、背景に中国、北朝鮮ありと批判するでしょう。ところが面白いことに日本は違ったのです。「カルトとは縁を切れ!」と矮小化してしまった。一方、自民党はロシア、中国、北朝鮮と共存の道を探り始めたのです。

今回起こった統一教会問題は中国、ロシア、北朝鮮との日本の外交の今後の在り方と直接関係していると私は見てますが。

No.8 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。