• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻雀最強戦2016男子プロ代表決定戦・世代抗争編レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀最強戦2016男子プロ代表決定戦・世代抗争編レポート

2016-06-07 19:00
    猿川「短期戦では負けたくない」
     
     ベテランと中堅男性プロの激突となる男子プロ代表決定戦世代抗争編。予選A卓には昨年の男子プロ代表決定戦風神編の覇者・猿川真寿が出場する。

    猿川「昨年のファイナルは全然ダメでしたが、元々最強戦は自分に相性の良いタイトル戦。自分の長所は短期戦にこそ出るので、ここでは負けられません」
    45e7a5eb129f65e02f4c049465c1b505d767df0e
    (麻雀最強戦2015ファイナルA卓に出場した猿川は、前田直哉・現最強位の前に敗れた。右から3人目が猿川)

     予選A卓は、猿川・鈴木達也・土田浩翔・荒正義という元・最強位が2人もいる組み合わせとなった。
    58e2f593698df4b46f6cf0b98093ae28fbc389b0

     東1局1本場、達也がハネ満をツモって先行。だが、荒が倍満・親満と立て続けにアガって大きくリードする。
    1340197c412e77c7e773f2252eda6c078588158d

    14971ae51b706d22f6d3623fbe4076e1631237fa

     続く、東4局1本場。親の荒が9巡目にチートイツ・ドラ2でヤミテン。そこに猿川がマンズのメンホンで追いついた。
    6e711ccd22b805e237d7ad790bd166fcf3517334

    南家・猿川の手牌
    6bdc522e542b225c3ed81efdeb0ca344c6c67106

     テンパったはいいが迷う形。ここで猿川は打pai_s_5m.jpgのヤミを選択する。3着猿川と2着達也の点差は13400あるため、ハネツモ狙いのリーチだろうと思っただけに意外に思えた。

    猿川「正直、決めきれませんでしたね。が、ヤミなら、好調の荒さんが前に出そうな感じがして、手堅いほうを選びました」

     結果、この判断が正解となる。荒がpai_s_4m.jpgをツモ切って猿川が満貫のアガリをものにした。
    5aa18a5be0d934e7aed64330cd6f061ba288a62d

     猿川は続く親番で6巡目にツモり四暗刻のリーチ。惜しくもツモることはできなかったが、土田から親っパネを出アガリ、荒を僅かにかわしてトップ目に立った。

    5aa18a5be0d934e7aed64330cd6f061ba288a62d

     こうなると下位2人は非常に厳しい。上位2人がサクサクと局を流しにくるからだ。特に荒は解説の藤崎智プロいわく「日本トップクラスの逃げ屋」である。南1局の猿川の親落ち後は、僅か3局で対局を終わらせ、荒・猿川の2人が勝ち上がった。
    65f1201c3a71c8a33e4f79ec52578472c126042b


     
    圧倒された初対戦
     
     ここで少し猿川の話をさせていただこう。静岡県生まれの猿川は、小学2年のとき兄が入門書を買ったことがきっかけで麻雀を覚える、中学生で既に雀荘勤務を考えていたという。高校卒業後に進んだ専門学校を半年で辞め、フリー雀荘で働き始める。だが、1年後には周囲に敵おらず、より強い相手を求め猿川はプロの世界に飛び込んだ。

    猿川「本当にプロは強いのか。自分の麻雀は通用するのか。そこに興味がありました」

     東京で開催されるリーグ戦やタイトル戦に7年間通い続けた後、上京を決意。その直後、マスターズのタイトルを獲得し、さらに活躍の場が広がった。荒と初めて打ったのもこの頃だ。

    猿川「荒さんの麻雀は牌譜で知っていましたが、実際に打つとそのオーラに圧倒されました」

     それ以降、荒を最強雀士として自らの目標としてきた猿川。決勝卓で今度は代表の座を賭けて荒と戦うことになる。

     B卓は佐々木寿人・伊藤優孝・山井弘・金子正輝の組み合わせとなり、親っパネを決めた山井、金子が勝ち上がりを決めた。
    bfc678786d3f139555a6241c2bb47aa23b2d187b

    147dad102bddaf3c90cf7429ad7797d9ff8cf582
     
    猿川、またもオーラスで決める
     
     決勝戦は猿川・荒・金子・山井の並びで始まった。
    18fd966be8561e61dd78a2217c12192b09639c0b

     起家の猿川は、まず金子からpai_s_chun.jpg・ホンイツ・ドラ1の親満を出アガり幸先良く飛び出す。
    6c195de92439f15928faf13cd8f982170596ee62

    b07848c33b38787c23a384bd2a8f6e7bb73643ae

     だが、その金子が東3局の親で満貫をツモって最初の放銃を帳消しにし、4者混戦のまま東場を終えた。
    e69dccee9c7ab746717e566d15b7c2d0bf0f836f

    cb7aec77b44cecc832b2956f36a4c98cb2ca5fc5

     その後、荒がpai_s_hatsu.jpg・ホンイツの1300・2600のアガリによって微差のトップ目のまま南3局を迎える。
    b06879453cab99c8f501f3cf68853568730afee6

    6495a5125ac46e96db3a05d7d4f709198e3ab08a

     北家の荒は金子の親を流すべくpai_s_hatsu.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_sha.jpgをポンポンポンと3フーロ。あっという間に
    pai_s_6s.jpgpai_s_9s.jpg待ちのテンパイを入れる。
    e23b60612b7602dc4cb8e52a19c742c86d5f1d46

     だが、金子もドラ1枚含みのピンフ、荒と同テンの
    pai_s_6s.jpgpai_s_9s.jpg待ちでリーチをかけた。
    073a922a6e77836fcd843976e261026e6078f832

    befe1b7eeab47e04c93d35dfa8e3e536421b2e70

     同巡、2着の猿川も追いつく。
    475ed33d352f8c337d9118b6f27b8245448f7139

    南3局 西家・猿川はpai_s_chun.jpgをポンしてこの手牌 
    95dbcb5aa119f81b547db0c0c879f06edba43568

     荒の捨て牌には仕掛けの合間で手出しされたpai_s_7s.jpg、さらに金子のリーチ宣言牌もpai_s_7s.jpg。よってpai_s_8s.jpgがロンとなる可能性は決して低くない。だが、猿川は押す。2人からの声はない。

     だが、その4巡後、今度はpai_s_9s.jpgを引く。
    7160b724ec00f525e6ac42241646c067ac1d8f2a

     pai_s_8s.jpgが通った以上、pai_s_9s.jpgはより危険な牌だ。超攻撃型のあの山井ですら荒・(下家で鳴かれる可能性もある)猿川に対して止めている牌なのだ。さすがに打てない。マンズも全て無スジ。ここはオリるかと思われた刹那、猿川はpai_s_9s.jpgを強打。今度は2人から「ロン!」。ここは荒の頭ハネで決着した。

    397dbfea15bf934df14b63e53d4f1cc50a16969f

    猿川「4戦勝負の決勝とかリーグ戦ならピンズを抜きますね。ただ、最強戦のようなスプリント戦ならあれは押します」

     荒のアガリが1600点だったのが不幸中の幸いだった。4者僅差のままオーラスを迎える。

     最初にテンパイを入れたのは金子で、8巡目に
    pai_s_3m.jpgpai_s_6m.jpg待ちの高目タンピン三色。高目をツモるか荒から出れば優勝だ。
    170e28739ef9d4cee9ea8998e671cf7b8d0b60bf

     だが、荒も12巡目にピンフのpai_s_3m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_9m.jpg待ちで追いつく。
    826faa8060f23d732c06286b26d649d3fe8b7e6e

    64eb6d448f6856d15181ea4d092982bd8e85aec1

     さらに親の山井がカンpai_s_6m.jpgのイーペーコー形でリーチ。全員が同じスジを引き合う状況になった。
    e6b5e975b15b1c8d9d528f9cb644e20fc914cb25

    444b8f64049b34b56c9fee5bacc1e29312092040

     その山井のリーチの直後、猿川が掴んだのが
    pai_s_9m.jpg
    68962fccf5f943ab0051b38f9b0873489ba870fc

    e155cfd04cc90cc5deeff258020e76a8fdc6598a

     この牌が山井に無スジだったのが幸いした。山井のリーチがなければ猿川は
    pai_s_9m.jpgをツモ切り、荒の優勝で決着していたのだ。しかも、猿川は最後のツモでpai_s_7m.jpgを引いてテンパイ。1人ノーテンを回避し、よりよい条件で1本場を迎えることになる。

    7d4876c02ee5f44ff10078717754719a2c40c22d

     リーチ直後のpai_s_9m.jpg、そして最後のpai_s_7m.jpg。これが猿川の勝負強さを象徴していた。1本場ではダブpai_s_nan.jpgトイツでソーズの多い配牌を手にした猿川は、キッチリ満貫手を仕上げ、2年連続のファイナル進出を果たした。

    南4局1本場 南家・猿川のアガリ
    0908f7c740efa053cc6579ee15512dc42ae8ac3d

    猿川「荒さんの凄いのはここ一番の勝負強さ。今回はその部分で上回れたことが嬉しいです」

     ただ、3年前のファイナルでは、決勝まで進むも沢崎誠の前に完敗。昨年のファイナルA卓でもノーホーラで敗退した。あと一歩届かない悔しさは自分自身が一番身にしみているはず。猿川にとって今年のファイナルが「三度目の正直」となり、尊敬する荒と同じ最強位のタイトルを獲得することを期待したい。



    荒正義のすげえ一打

    2件リーチと仕掛けに対し完全に手詰まりの荒。果たして何を切って凌いだか?
     
    440f11b8cded1fb8ed63b447a071a5ea7b6ba969
     
     
    pai_s_1m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_ton.jpgpai_s_nan.jpgpai_s_sha.jpgpai_s_pe.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_s_chun.jpgpai_fuse_take.jpgpai_red_5m.jpgpai_red_5p.jpgpai_red_5s.jpgpai_r_1m.jpgpai_r_2m.jpgpai_r_3m.jpgpai_r_4m.jpgpai_r_5m.jpgpai_r_6m.jpgpai_r_7m.jpgpai_r_8m.jpgpai_r_9m.jpgpai_r_1p.jpgpai_r_2p.jpgpai_r_3p.jpgpai_r_4p.jpgpai_r_5p.jpgpai_r_6p.jpgpai_r_7p.jpgpai_r_8p.jpgpai_r_9p.jpgpai_r_1s.jpgpai_r_2s.jpgpai_r_3s.jpgpai_r_4s.jpgpai_r_5s.jpgpai_r_6s.jpgpai_r_7s.jpgpai_r_8s.jpgpai_r_9s.jpgpai_r_ton.jpgpai_r_nan.jpgpai_r_sha.jpgpai_r_pe.jpgpai_r_haku.jpgpai_r_hatsu.jpgpai_r_chun.jpgpai_fuse_take_r.jpgpai_r_red_5m.jpgpai_r_red_5p.jpgpai_r_red_5s.jpg
     
     リャンメン待ちのノーチャンス牌はない。山井のリーチがなければ、金子のリーチ後に通ったpai_s_7s.jpgと自らが捨てたpai_s_1s.jpgの中スジのpai_s_4s.jpgで良さそうだが。だが、荒は山井に通っていないpai_s_4s.jpgを捨てた。その根拠は?
    荒「感覚です。山井にpai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpgはないだろうと思ったので」

     だが、単に勘だけで捨てたわけでもなさそうだ。ポイントはpai_s_4s.jpg暗刻持ちなのになぜか場に見えていないpai_s_2s.jpg。いわゆる壁の外の牌で、これが場に見えていないとき、他家が固めているケースが多い。
     逆にいえば「pai_s_2s.jpgは誰かにトイツなら、山井にpai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpgのリャンメン受けはない」とも想定することもできる。不自然なション牌が、見えない壁と意外な安全牌を気づかせてくれることもあるのだ。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。