• このエントリーをはてなブックマークに追加
「ノーフューチャー」リーダー・KM vs ミカド勢 ROUND.25「kyo-ji」(set final)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ノーフューチャー」リーダー・KM vs ミカド勢 ROUND.25「kyo-ji」(set final)

2021-11-05 12:00

     『燃えろ!!プロ野球 ホームラン競争』のプロゲーマー集団「NO FUTURE」のリーダー・KMが、さまざまなミカド勢と対談する連載企画「KMvsミカド勢」。

    90933c761ddebd3af2a56557d1e802ea971be1e4



     「GIGS CASE OF NO FUTURE」での共演をきっかけに接点を持ったkyo-ji編もついに最終回。格ゲーのプレイスタイルが似通っているからこそ、プレイヤーとして「敵に回したくない」とお互いの印象を語る。今回の対談をKMはどのように総括するのだろうか?

    ※本記事は2020年10月7日にニコニコ生放送で配信した「KMの魂を抱いてくれ #5」をテキスト化し、追記・修正と追加取材を行ったものです。

    ■傷つけてばかりだったけど

    KM:今回はシューター勢としてkyo-jiさんをお呼びしたわけですが、格ゲーも含め、根っからのアーケードゲーマーであることをお伝えできたと思うんですよね。「kyo-jiさんってこういう人だよ!」っていうのを知ってもらいたい狙いもあったので。

    kyo-ji:ありがたいですね。ゲーセンが好きっていうのは個人的に絶対に外せないところですし、Fantom irisとしても外せないので。じんじゃに『バイパーフェイズワン』の実演をやってもらったのも、ただのつながりでやってるものじゃないんだよっていうのを見せたかったんですよ。

    KM:きっかけというものをすごく大事にされているし、それをメンバーと共有して続けてこられてるのがすごいなと思いますよ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。