• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「萌えアニメのスタンダードを作った『涼宮ハルヒの憂鬱』」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「萌えアニメのスタンダードを作った『涼宮ハルヒの憂鬱』」

2018-10-27 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/10/27

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2013/05/20配信「岡田、ハルヒ観たってよ~『涼宮ハルヒの憂鬱』から『エンドレスエイト』まで~」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2013/05/20の内容一覧


    「萌えアニメの落ち着きどころ」を作り、スタンダードになった

     次に、その「新しさと古くなりにくさ」、5つの要素のなかの2番めですね。
     この「新しさと古くなりにくさ」に関しては、『涼宮ハルヒの憂鬱』はかなり新しいです。それは『エンドレスエイト』でやったことが──そうか、じつは『ハルヒ』のことをよく知らずに勉強したいっていう人が2割いるんですよね──あの、『涼宮ハルヒの憂鬱』というアニメは、僕にしてみれば、第1シーズンというのかな、最初の14話ぐらいっていうのを今日、語る対象にしてるんですよ。
     で、1話から6話までの『涼宮ハルヒの憂鬱』っていう部分があります。これはかなり出来がいい、6話連続でひとつのお話になっている連続アニメです。
     その次の8話丸々かけてやっている『エンドレスエイト』っていうのは、ほぼ同じアニメを8回続けているんですね。これは、涼宮ハルヒが「この夏休みが終わらなければいいのに」と思った結果、同じ日常が何万回も、1万5千回ぐらいかな、繰り返されてしまって、そのなかの何回かを見せたっていう作品なんですよ。
     この8回、ほとんど間違い探しみたいになってますね。服がちょっとずつ違うとか浴衣の柄が違うとか女の子がここにつけるお面が違うとか、びみょーーな間違い探しになっていて、実験としてはとんでもなく面白いんです。だから、僕の話を聞いている人は「ほう、それは面白い」って思うかもわかりませんけれども、注意して下さい。
     今、ここで聞くのが一番面白いです(笑)。

     実際に見ると、いい加減、ちょっときついものがあります(笑)。
     で、それを見た結果、その8話の最終回のカタルシスっていうのは今、コメントで書いている人がいるんですけれど、なかなかのものなんですけども、長いだけの夏休みで、ヒマで深夜でアニメを見るのがなんぼでもムダな時間が使える、ニートなみなさん(笑)や、ひきこもりのみなさんに比べて、仕事や家庭があるみなさま、あんなもの見てられないと思うんで(笑)ごめんな。8話って、2ヶ月、これが2ヶ月えんえんと続いてしまったわけだから(笑)。
     なので、8話必要だっかに関しては、僕は疑問なんです。
     じつは2話か3話でよかったはずなのが、作り手が、さっきも言ったように甘えの問題なんですね。「これやっちゃうと俺たち、アニメの歴史に残るよな」とか「すごい実験だよ」とか「わかるやつはわかるよな」っていうふうに、ちょっと鼻が伸びていったのが同じ、まぁ僕は「元」なんですけど、作り手として「手に取るように」わかるんですね(笑)。やっちゃいましたねえ、と。

     そういう新しさは評価できるんですけど、じゃあそれが古くなりにくい手法かって言うと、出落ちみたいなもんで、8回同じこと繰り返したのすごいねっていうので、まぁまぁ、終わりなんですね。あれが6回だったらそんな効果出なかった、12回だったらもっと効果出たっていうようなものでもなんでもないです、8がベストな数字とは僕は思わなかったんで。
     実験としてはすごく新しいです。
     古くなりにくいものっていうのが、そんなに『ハルヒ』のなかでは、あるわけじゃない、いやありますね、わりと普遍的なアニメを作るのには成功してます。
     ていうか、僕らが今見ている萌えアニメっていうのは、変な言い方ですけど、『セーラームーン』が基本形を作って、『ハルヒ』が落ち着きどころを作ったというふうに僕は解釈しているんですね。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/08/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「なつぞら完全解説:労働組合の実験作品だった『太陽の王子ホルスの大冒険』」
    • 2019/08/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「なつぞら完全解説:アニメの演技と広瀬すず〜完全シンクロの奇跡を見よ!」
    • 2019/08/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「朝ドラ『なつぞら』完全解説〜ワンス・アポンア・タイム・イン・アニメーション」